Premiere Pro(プレミアプロ)フォントを追加する方法を徹底解説!

Premiere Proでは、色々なフォントを映像に使用できます。
今回の記事では、Premiere Proに新しくフォントを追加する方法を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

Adobe Fontsから追加する方法

まずは、Adobe Fontsを使ってフォントを追加する方法を紹介します。

Adobe Fontsとは?

Adobe Fonts

Adobe Fonts(元Typekit)とは、Adobeのライセンスを所持している人が使用できるフォントのダウンロードサイトです。
使用できるフォント数に制限は無く、 数千を超えるクオリティの高いフォントを好きなだけ追加可能です。
また、商用個人どちらも利用可能です。
普段Adobeを使用している人はぜひ利用したいサービスとなっています。

Adobe Fontsからフォントを追加

それでは、Adobe Fontsからフォントを追加する方法を紹介します。

エッセンシャルグラフィックスパネル

文字を選択状態でエッセンシャルグラフィックスパネルを開きます。
「Adobeからフォントを追加」を選択します。
これでAdobe Fontsのサイトに移動できます。
移動できない場合は、下記のURLから遷移してください。

Adobe Fonts


ファミリーを表示

追加したいフォントの「ファミリーを表示」をクリックします。


フォントをアクティベート

そして、切り替えボタンをクリックしてフォントをアクティベートにしましょう。


文字パネルを確認

Premiere Proの画面に戻って文字パネルを確認してみましょう。
これでフォントの追加は完了です。
簡単ですね。


フリーサイトから追加する方法

ここでは、フリーのダウンロードサイトからフォントを追加する方法を紹介します。

Windowsで追加する方法

まずは、フォントをフリーサイトからダウンロードします。

展開

zipファイルがダウンロードされるので、展開してファイルを開きます。


インストールを選択

フォントファイルを右クリックして、インストールを選択します。
これで、フォントがダウンロードされます。

Macで追加する方法

Macの場合も基本的に同じです。
フリーサイトからフォントをダウンロードして、フォントファイルをインストールしましょう。


文字にかっこいいエフェクトを追加する方法

フォントを追加する方法について紹介しました。
Premiere Proではテンプレートを使うことで、テキストにかっこいいエフェクトを簡単に追加することができます。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいエフェクトのテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Text Typewriter with cursor

Text Typewriter with cursor

タイプライターのようなシンプルなテンプレートです。
シンプルがゆえに汎用性が高く、様々な映像で違和感なく使用できます。
値段も1,170円とテンプレートの中ではお手ごろなので、是非チェックしてみてください。

Text Typewriter with cursorをチェック

テキスト追従アニメーションテロップ10種

テキスト追従アニメーションテロップ10種

可愛くて、様々な映像に使っても違和感の出にくいテロップアニメーションのテンプレートです。
エッセンシャルグラフィックスパネルを使うことで、色やフォントを自由に調整することも可能です。
使えるデザインは10種類とバリエーションも豊富なので、コスパも最高なテンプレートだといえます。

テキスト追従アニメーションテロップ10種をチェック

SNSニュースメディア風テロップ

SNSニュースメディア風テロップ

ニュース風メディアのテロップアニメーションが使えるテンプレートです。
色やフォント、文字間隔、テキストボックスの縦横比など自在にカスタマイズ可能なのがこのテンプレートの特徴です。
シンプルなので様々な映像と相性がよく、微調整することでオリジナリティも出せるようになっています。

SNSニュースメディア風テロップをチェック


まとめ:色々なフォントを使ってみよう

オシャレな映像を制作するうえで、フォントは重要な要素です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。