Premiere Pro(プレミアプロ)シーケンス設定のやり方を解説

Premiere Proのシーケンス設定を使えば、動画のフレームレートや幅や高さの大きさを自分で設定できます。
今回の記事では、Premiere Proシーケンスの使い方を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

シーケンスとは

シーケンスとは

シーケンスは、動画やBGMなど素材を並べる場所のことで、「まな板」と例えられることが多いです。
After Effectsのコンポジションと似ています。


ドラッグ&ドロップ

シーケンスは、タイムラインパネルに素材をドラッグ&ドロップすれば自動で作成されます。


シーケンスの作成方法

前述したように、シーケンスはタイムラインパネルに素材をドラッグ&ドロップすれば自動で作成されます。
ここでは、先にシーケンスを作成してその中に素材を配置していく方法を紹介します。

シーケンスを選択

画面上部のメニューからファイル>新規>シーケンスを選択します。


プリセットを選択

シーケンスのプリセットを選択しましょう。
たくさん種類がありますが、これらはカメラの名称や規格が由来となっております。
撮影したカメラの名称と同じものを選択するとよいでしょう。
もし撮影したカメラが何か分からない場合は、タイムラインパネルに素材をドラッグ&ドロップして自動作成した後に、後述するシーケンス設定の方法を使ってカスタマイズしましょう。


設定

設定の画面に切り替えれば、縦横比や幅や高さのサイズを調整できます。


シーケンスの設定

ここでは、シーケンスの設定を変更する方法について紹介します。

シーケンス設定

画面上部のメニューからシーケンス>シーケンス設定を選択します。


シーケンス設定

この画面でシーケンス設定をします。
下記の項目を調整しましょう。

タイムベース

タイムベース

タイムベースでは、映像のフレームレートを設定します。
フレームレートとは、1秒間に表示させる映像のコマ数のことです。
基本的に映像素材と同じフレームレートを選べば問題ありません。

素材によってフレームレートが違う場合は、一番小さいフレームレートを設定しましょう。
大きいフレームレートを設定すると、映像がカクカクになるので注意しましょう。

ビデオ設定

ビデオ設定

ビデオ設定では、フレームサイズなどを変更できます。
ベーシックなのは、1920×1080です。
最近よく聞く4Kは3840×2160、8Kは7680×4320です。
フレームサイズを大きくしすぎると、PCに負荷がかかりすぎて動かなくなることもあるので注意しましょう。

映像素材のフレームサイズがバラバラの場合は、一番小さいものに合わせることが多いです。
一番大きい素材に合わせると、解像度が荒くなり映像がガタガタになるからです。

オーディオ設定

オーディオ設定では、音に関する設定をします。
サンプレートは、1秒間に取り込んだ音のデータを数値化したもので単位は「Hz」です。
基本的にデフォルトの設定で問題ありません。

ビデオプレビュー設定

ビデオプレビュー設定

プレビューの際の設定ができます。
デフォルトの「1フレームのみのMPEG」で問題ありません。
プレビューが遅い時は、「QuickTime」に変更するとよいでしょう。


作業効率を格段に上げるテンプレート

シーケンス設定について紹介しました。
Premiere Proでは、テンプレートを使用することでかっこいいエフェクトやモーショングラフィックスを短時間で作成することが可能です。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Transition Pack

Transition Pack

120個ものトランジションがセットになった超豪華なテンプレートです。
一つ一つのトランジションがオシャレでバリエーションも豊富なので、映像のクオリティを上げるのに役立ちます。
リンク先に紹介動画もあるので、是非チェックしてみてください。

Transition Packをチェック

500 Shape Elements

500 Shape Elements

500以上ものアニメーションがセットになったテンプレートです。
使い方はドラッグ&ドロップするだけで、色の編集も簡単に行えます。
クオリティが高くコスパもよいので、初心者におすすめのテンプレートといえます。

500 Shape Elementsをチェック

Cinematic Film LUT’s

Cinematic Film LUT's

映画で使われるようなカラーグレーディングを再現できるテンプレートです。
クオリティの高いプリセットが15種類使え、ハリウッドのようなすごい映像を作ることもできます。
映像のクオリティにこだわりたい人におすすめのテンプレートです。

Cinematic Film LUT’sをチェック


まとめ:デフォルトでも問題なし

シーケンス設定は基本的にデフォルトでも問題ないことが多いです。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。