【Premiere Pro】クロップで動画をトリミングする方法

Premiere Proで動画をトリミングしたい場合、クロップを使うことで綺麗に切り取ることができます。
この記事では、Premiere Proでクロップを使って動画をトリミングする方法を紹介します。

クロップを適用させる手順

まずは、クロップを適用させる手順について紹介します。

エフェクトでクロップを検索

エフェクトパネルの検索窓に「クロップ」と入力してください。

クロップ

すると、画像のようにビデオエフェクト>トランスフォームの中にクロップがあります。
こちらのクロップを使用して動画をトリミングしていきます。

クロップを追加したい動画クリップにドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップ

クロップを確認できたら、トリミングしたい動画のクリップにドラッグ&ドロップしましょう。


クロップが追加

すると、画像のようにエフェクトコントロールの中にクロップが追加されます。

エフェクトコントロールで調整

それでは実際にトリミングしていきましょう。

数字を10%に設定

クロップの中の「上」と「下」の数字を10%に設定してみましょう。
すると、プレビュー画面の上と下が黒くなります。
これがトリミングされている状態です。
黒い部分は、動画を書き出した後も表示されなくなります。
「左」、「上」、「右」、「下」それぞれの値を調整してトリミングしていきましょう。


クロップを使うときのコツ

ここでは、クロップを使ってトリミングするときのコツを紹介します。

アニメーションを付ける

クロップを使ったトリミングではアニメーションを付けて、切り取る位置を移動させることもできます。

今回は上記の動画のようにトリミングする位置を動かしてみましょう。


時計マークをクリック

クリップの中の「上」の数字を10%に設定して、時計マークをクリックします。
するとキーフレームが追加されます。


タイムライン

次にタイムラインの4秒の部分にインジケーターを移動させて、キーフレームを追加し数字を40%に設定します。
(数字、インジケーターの位置は好きな数字で問題ありません)


トリミングの位置が移動

クリップの中の「下」も同じように編集します。
今回は、0秒の数字を40%、4秒の数字を10%に設定しました。
これで、動画のようにトリミングの位置が移動します。

自由な形に切り取る

クロップを使ったトリミングでは、四角形以外にも自由な形に切り取ることができます。

ベジェのペンマスクの作成

クロップの中の「ベジェのペンマスクの作成」をクリックします。


動画を自由な形に切り取ることができる

動画を自由な形に切り取ることができるようになります。


マスクが作成

プレビュー画面をクリックしていけば、マスクが作成されます。

エッジをぼかす

最後にエッジをぼかす方法について紹介します。

エッジをぼかす

クロップの一番下に「エッジをぼかす」という項目があります。


外側にぼける

数字を100の方向に増やすと外側にぼけていきます。


内側にぼける

-100の方向に数字を増やすと内側にぼけます。


まとめ:クロップでは簡単にトリミングが可能

クロップを使えば、トリミングを簡単にできます。
ぜひ、クロップの使い方を覚えて制作に役立ててください。
また、この他にもPremiere Proの使い方について多くの記事を投稿しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。