Premiere Proの動画をYouTubeへアップロードする方法

動画編集をしている人は、作成した動画をYouTubeなどの動画投稿サイトにアップロードすることが多いでしょう。
この記事では、Premiere Proで作成した動画をYouTubeへアップロードする方法について紹介します。

動画の書き出し手順

まずは、Premiere Proで作成した動画を書き出す手順について紹介します。

ファイル>書き出し>メディアを選択

メディアを選択

画面上部のメニューからファイル>書き出し>メディアを選択します。
もしくは、ショートカットキーのCtrl+Mを押してください。


書き出し設定の画面

すると、画像のように書き出し設定の画面が開きます。
こちらの画面で書き出しの設定を行っていきましょう。

書き出し設定

それでは、書き出し設定をしていきましょう。
設定するのは主に「形式」、「プリセット」、「出力名」の3つです。

書き出し設定

画像のように設定してください。
形式・・・H.264
プリセット・・・YouTube 1080p フルHD
出力名・・・自由な名前(なるべく分かりやすい名前がいいです)
次のステップで動画をYouTubeにアップロードする方法について紹介します。


YouTubeへのアップロード方法2選

ここでは、Premiere Proで作成した動画をYouTubeにアップロードするまでの流れを紹介します。
YouTubeに動画をアップロードする方法は主に2つあるので、それぞれに分けて紹介します。

その1:Premiere ProからYouTubeにアップロードする方法

まずは、Premiere Proの書き出し画面から直接YouTubeに動画をアップロードする方法です。

YouTube

パブリッシュをクリックして下にスクロールすると「YouTube」の項目があります。
YouTubeにチェックマークを入れて、サインインします。
IDとパスワードを入力すれば、動画をアップロードするチャンネルを選択できるようになるので、その他のタイトルや説明文、再生リストなどの設定も行いましょう。
設定が完了したらOKをクリックして、書き出しのボタンをクリックすれば動画がアップロードされます。

その2:YouTubeにアカウントにログインしてアップロードする方法

次にYouTubeアカウントにログインしてアップロードする方法について紹介します。

YouTubeにアカウントにログイン

まずは、YouTubeの画面にログインして右上の「動画をアップロード」をクリックします。


動画をアップロード

動画をアップロードするための画面に移動しますので、再び「動画をアップロード」をクリックしてください。


アップロードの方法

タイトルや詳細などを入力する画面に移動しますので、各項目を入力しましょう。
これでアップロードの方法は完了です。


まとめ:アップロードの方法を覚えておこう

YouTuberになりたいと考えている人は、動画のアップロード方法や書き出し設定をスムーズにできると良いでしょう。
また、この他にもPremiere Proの使い方について多くの記事を投稿しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。