すぐにできる!Premiere Proで動画をズームする2つの方法

動画の編集技法の一つにズームがあります。
今回の記事では、Premiere Proで動画をズームさせる方法を2つ紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

スケールを調整してズームさせる方法

まずは、クリップを分割しスケールを調整することで、ズームさせる方法について紹介します。

クリップを分割

まずは、クリップを分割してズームしたい部分のみのクリップを作成します。

クリップ

ツールバーからレーザーツールを選択して、クリップの自由な場所をクリックすると分割させることができます。
ズームしたい部分のみのクリップを作成できたら、スケールを調整していきます。

スケールの調整

スケール

選択ツールでズームさせたいクリップをクリックします。
エフェクトコントロールパネルのスケールにキーフレームを打ち込んでいきます。


時計マークをクリック

スケールの隣にある時計マークをクリックします。


もう一度キーフレームを打ち込み

インジケーターを移動させ、六角形のマークをクリックしてもう一度キーフレームを打ち込みます。
(インジケーターの移動させる位置はどこでも大丈夫です)
また、スケールの値を大きくしましょう。
これで、動画をズームさせることができます。


エフェクトのズームを使用する方法

次にエフェクトのズームを使用する方法について紹介します。

エフェクトからズームを追加

ズームを追加

エフェクトパネルからズームを検索します。
そしてズームをクリップにドラッグ&ドロップしましょう。
これで、動画をズームさせる準備が整いました。

キーフレームを打ち込む

キーフレームを打ち込む

スケールを調整する方法の時と同様に、キーフレームを打ち込んでいきます。
サイズの部分にキーフレームを打ち込みましょう。


まとめ:2つの方法を使いこなそう

今回、ズームさせる方法を2種類紹介しました。
スケールを調整する方法は、シンプルで使いやすいでしょう。
エフェクトのズームを使う方法は、ぼかしや不透明度など細かい設定をすることができます。
それぞれの特徴を理解して、使い分けると良いでしょう。
また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。