Illustrator(イラストレーター)でロゴを作成する時のテクニック

Illustratorを使ってロゴデザインをする人は多いのではないでしょうか。
今回の記事では、ロゴデザインで使えるIllustratorのテクニックやアイデアを紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

ロゴデザインで使えるIllustratorのテクニック

まずは、Illustratorでロゴデザインをする際に使えるテクニックを3つ紹介します。

角を丸くする

角を丸くする

既存のフォントを加工してロゴデザインをする場合、角を丸くするなどのひと手間を加えることでやわらかな印象を与えることができます。


アウトラインを作成

文字を入力したら、画面上部のメニューから書式>アウトラインを作成をクリックします。


◉マークをドラッグ

文字をアウトライン化させることができたら、ダイレクト選択ツールを使って◉マークをドラッグします。


角を丸くすることができた

これで、角を丸くすることができました。

エンベロープの使用

エンベロープの使用

エンベロープを使用すると、ダイナミックな感じのロゴや波打つ表現をすることができます。


ワープで作成

画面上部のメニューからオブジェクト>エンベロープ>ワープで作成を選択します。


形を整える

スタイルの部分を変更することで、色々な形にすることができます。
カーブや変形の数値を調整して形を整えましょう。

ブレンドの使用

ブレンドの使用

ブレンドツールは、画像のように影を付けたりロゴを複製したりなど、様々な使い方をすることができます。
まずは、基本的な使い方を紹介します。


ロゴを複製

まずは、ロゴを複製して3つにします。


ブレンドオプションを選択

画面上部のメニューから、オブジェクト>ブレンド>ブレンドオプションを選択します。
間隔を「ステップ数」にして数値を100に設定しましょう。


ブレンドを使用

ここからブレンドを使用していきます。
ロゴを2つ選択状態にします。
画面上部のメニューから、オブジェクト>ブレンド>作成を選択します。


影を作ることができた

影を作ることができました。


影の上の方に移動

余ったロゴの色を白にして、影の上の方に移動させるとこのようになります。


様々な表現が可能

ブレンドでは、影の色を変えたりロゴの大きさをバラバラにすることで画像のような様々な表現が可能です。


ロゴデザインで使えるアイデア

ここでは、Illustratorに限らずロゴデザインをする際に使えるアイデアを紹介します。

文字のサイズに強弱をつける

文字のサイズに強弱をつける

文字のサイズに強弱をつけると目立たせたい部分を強調できたり、まとまりのあるデザインが可能になります。
手早くそれっぽいモノを作れるのでおすすめです。

左右の幅を揃える

左右の幅を揃える

大きさの違うロゴや、複数行になるロゴを作成する際におすすめです。
こちらもまとまりのあるデザインが可能になります。

色を足してみる

色を足してみる

色を足すことで部分的に目立たせることができます。
色数を増やし過ぎると逆にダサいデザインになるので注意しましょう。


まとめ:色々なテクニックやアイデアを活用してみよう

今回紹介したもの以外にも、ロゴを作成する際には様々なテクニックやアイデアがあります。
ぜひ色々なテクニックやアイデアを活用してロゴデザインに役立ててください。
また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。