Premiere Pro(プレミアプロ)の音量調整|簡単な方法や応用テクニックまで紹介

Premiere Proでは動画の編集だけでなく、動画で使用する音の調整もすることができます。
この記事では、Premiere Proでできる音量調整の方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

Premiere Proで音量を調節する方法

まずは、Premiere Proで可能な音量調整の方法として、「オーディオトラックミキサーを使う方法」と「エフェクトコントロールのレベルを使う方法」について紹介します。

オーディオトラックミキサーを使う

まずは、オーディオトラックミキサーを使う方法について紹介します。

オーディオトラックミキサー

画面上部のメニューからウィンドウ>オーディオトラックミキサーを選択します。


オーディオトラックミキサー

オーディオトラックミキサーが表示されます。
赤枠の部分を上下にドラッグすれば、全体の音量を調整することができます。

エフェクトコントロールのレベルを使う

次にエフェクトコントロールのレベルを使う方法について紹介します。

エフェクトコントロール

画面上部のメニューからウィンドウ>エフェクトコントロールを選択します。


音量調整

画像のように、エフェクトコントロールのパネルが開きます。
ボリュームをクリックしてレベルの数値を設定することで、音量調整が可能になります。
数値を大きくしたり小さくしてみましょう。
単位はdb(デシベル)です。


更に細かい音量調整の例

ここでは、上記で紹介したもの以外の音量調整の方法を紹介します。

クリップ単位で音量調整する

動画内の一部のクリップを音量調整したい場合の方法について紹介します。

クリップをクリック

シーケンス(タイムライン)から、ボリュームを調整したいクリップをクリックします。


ボリューム

エフェクトコントロールのパネルを開き、オーディオエフェクト>ボリュームをクリックしてください。


クリップ単位で音量調整

レベルの数値を調整すれば、クリップ単位で音量調整することができます。

クリップ内の一部の音量を調整する

また、クリップの中の一部分を音量調整する方法について紹介します。

レーザーツール

レーザーツールを活用してクリップ内の音量調整したい部分を切り取ります。
切り取った後は、エフェクトコントロールを開き、レベルの数値を調整します。


その他の音量調整のテクニック

最後に、覚えておくと便利な音量調整のテクニックについて紹介します。
細かい作業で役立つので、ぜひ確認しておいてください。

音を左右両方から出るようにする方法

動画や音声素材の中には、音が左右両方から出ないものもあります。
そのような場合には、「右チャンネルを左チャンネルに振る」もしくは「左チャンネルを右チャンネルに振る」を使ってみましょう。

スペシャル

エフェクト>オーディオエフェクト>スペシャルの中にあるので、対象のクリップにドラッグ&ドロップしましょう。
左右両方のチャンネルから音が出るようになります。

ノイズ除去の方法

音量調整をしている最中に、ノイズが目立つようになった時はノイズ除去をする必要があります。
ノイズ除去を適用する方法には、「オーディオゲイン」、「クロマノイズ除去」、「エッセンシャルサウンド」などが挙げられます。
詳しくは下記の記事で紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

Premiere Pro(プレミアプロ)|音声をノイズ除去する方法を3つ紹介します。

まとめ:音は動画を構成する重要な要素

音は動画の雰囲気や、イメージを構成する重要な要素です。
ぜひ音量調整の方法をマスターして、動画制作に役立ててください。
また、当サイトでは2020年からクリエイターに向けてIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。