Photoshop(フォトショップ)でレイヤーの画像やカンバスサイズを変更する

Photoshopでは、レイヤーのカンバスサイズや画像の大きさを変更することが可能です。
今回の記事では、Photoshopのカンバスサイズや画像サイズの変更方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

カンバスサイズを変えるには?

カンバスサイズとは、Photoshopで編集する作業領域のことです。

カンバスサイズを変更

カンバスサイズを変更すれば、画像のように写真の大きさを変えずに作業領域のみ大きくすることが可能です。
まずは、カンバスサイズを変更する方法について紹介します。

イメージ>カンバスサイズを変更

カンバスサイズを選択

画面上部のメニューからイメージ>カンバスサイズを選択します。


カンバスサイズを入力

カンバスサイズのパネルが開きます。
変更後のファイルサイズの「幅」と「高さ」の部分にカンバスサイズを入力しましょう。
OKボタンをクリックすれば、カンバスサイズを変更できます。


単位を切り替え

またサイズを変更する際に、単位を切り替えることもできるので上手く活用していくとよいでしょう。

覚えておくと便利なカンバスサイズ

ここでは、A4用紙やB5用紙など頻繫に使うであろうカンバスサイズについてまとめましたので興味のある方はぜひご覧ください。

A判

  • A1用紙・・・8,185 × 11,589ピクセル
  • A2用紙・・・5,787 × 8,185ピクセル
  • A3用紙・・・4,093 × 5,787ピクセル
  • A4用紙・・・2,894 × 4,093ピクセル
  • A5用紙・・・2,039 × 2,894ピクセル
  • A6用紙・・・1,447 × 2,039ピクセル
  • A7用紙・・・1,020 × 1,447ピクセル

B判

  • B1用紙・・・10,031 × 14,193ピクセル
  • B2用紙・・・7,096 × 10,031ピクセル
  • B3用紙・・・5,016 × 7,096ピクセル
  • B4用紙・・・3,541 × 5,016ピクセル
  • B5用紙・・・2,508 × 3,541ピクセル
  • B6用紙・・・1,764 × 2,508ピクセル
  • B7用紙・・・1,254 × 1,764ピクセル

モバイル端末サイズ

  • iPhone 12 Pro Max・・・2778 × 1284 ピクセル
  • iPhone 12/12 Pro・・・2532 × 1170 ピクセル
  • iPhone 12 mini・・・2340 × 1080 ピクセル
  • iPhone 11 Pro Max/XS MAX・・・2688 × 1242ピクセル
  • iPhone X/XS/11 Pro・・・2436 × 1125ピクセル
  • iPhone 6 Plus/6s Plus/7 Plus/8 Plus・・・1920 × 1080ピクセル
  • iPhone XR/11・・・1792 × 828ピクセル
  • iPhone 6/6s/7/8/SE・・・1334 × 750ピクセル
  • iPhone 5/5c/5s・・・1136 × 640ピクセル

画像のサイズを変更するには?

Photoshopで編集するしている画像やイラストのサイズを変更する方法もあります。
ここでは、サイズ変更する方法やショートカットキーを紹介します。

編集>変形>拡大・縮小を選択

拡大・縮小を選択

画面上部のメニューから編集変形>拡大・縮小を選択します。


サイズ変更

画像にバウンディングボックスが表示され、サイズ変更が可能になります。
Enterキーを押せば、編集を完了できます。


鎖マーク

また、画面上部のメニューの鎖マークのチェックを外せば、縦横比を変えて画像を拡大・縮小できます。

変形のショートカットキー

画像をサイズ変更するショートカットキーは、Ctrl+Tです。

また、Photoshopの変形にはこの他にもいろいろな使い方があります。
下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

合成やコラで使える!Photoshop(フォトショップ)の変形ツールの使い方を紹介

まとめ:編集方法をマスターしよう

カンバスサイズの変更や画像サイズの変更はPhotoshopの中でも初歩的な技術です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。