Photoshop(フォトショップ)ピクセルが選択されていませんと表示されたら

Photoshopで作業している時に、「ピクセルが選択されていません」、「50%以上選択されているピクセルがありません。」といったエラー文が出たことはありませんか。
今回の記事では、これらのエラー文が出た時の解決方法を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

カンバスの外を選択している

カンバス内に選択範囲を作成

長方形選択ツールや楕円形選択ツールで、カンバスの外側に選択範囲を作成しようとすると画像のようにエラー文が表示されます。
カンバス内に選択範囲を作成するようにしましょう。


自動選択ツールの設定がおかしい

自動選択ツールを使っている時にエラー文が表示されることもあります。

自動選択ツールの設定

自動選択ツールの「選択範囲」のオプションを「現在の選択範囲との共通範囲」にしている場合、現在作成されている選択範囲の外側を選択すると、「ピクセルが選択されていません」と表示されます。
選択範囲のオプションを変更して、もう一度やり直してみてください。


ぼかしの値が大きすぎる

ぼかしの値が大きすぎる

選択範囲をぼかす時に、数値を大きくしすぎると「50%以上選択されているピクセルがありません。」といったエラー文が表示されます。
数値を小さくすることで解決できます。


まとめ:エラーを一つずつ解決していこう

Photoshopを使っていると、エラーが発生することがよくあります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。