合成やコラで使える!Photoshop(フォトショップ)の変形ツールの使い方を紹介

Photoshopの変形を使うことで、ハイクオリティな画像のコラージュや合成写真を作成できます。
しかし、思い通りに画像を変形させるには、Photoshopの変形について熟知しておく必要があります。
ここでは、変形の種類や使い方を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように解説しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

Photoshopの変形は5種類ある

Photoshopの変形には主に5種類あります。
ここでは、まず5種類の変形でできることや特徴を紹介します。

変形

変形はショートカットキーのCtrl+Tで使うことができます。
その後、画面上部のメニューから編集>変形をクリックすると、変形の中から種類を選択できます。

拡大・縮小

拡大・縮小

レイヤーを拡大したり、縮小できます。
画像の周りの四角いポイントを、クリックしてそのままドラッグすると画像を大きくしたり小さくできます。
Altキー(Macの場合はOptionキー)を押しながらドラッグすると画像の中心から大きさが変更されます。


拡大・縮小

また、リンクのアイコンをクリックすると縦横の比率を変えずに大きさを変更できます。

回転

画像を回転させることができます。
回転

画像の周りをクリックしてそのままドラッグすると角度を変えられます。
Shiftキーを押しながらドラッグすると、90度ずつ回転されます。

ゆがみ

画像をゆがませることができる、合成などでよく使用される変形の仕方です。
ゆがみ

真ん中の方をクリックしてドラッグすると、平行四辺形のような形になります。
画像の角をクリックしてドラッグすると、台形のような形になります。


ゆがみ

また、Altキー(Macの場合はOptionキー)とShiftキーを押しながら画像の角をドラッグすると、
画像のように中心に辺のある台形を作れます。

自由な形に

画像を自由な形に変更できます。
こちらも合成でよく利用されます。
自由な形に

画像のようにかなり自由な変形が可能です。
実際の紙を手に取って、グニャグニャいじっているイメージといえば分かりやすいかもしれません。

遠近法

画像の遠近を調整できます。
合成した画像をなじませるときに使われます。
遠近法

真ん中の方をクリックしてドラッグすると、ゆがみの時と同じように平行四辺形のような形になります。
画像の角をクリックしてドラッグすると、遠近を調整できます。


変形を使って合成してみよう

変形を使って合成

ここからは、変形を使って実際にオブジェクトを合成していきます。
上記の画像のように合成していきます。

画像を埋め込む

画像を埋め込む

画面上部のメニューからファイル>埋め込みを配置をクリックして合成したい位置に画像を埋め込みます。
このまま変形を使って合成していきます。

大きさを調整

大きさを調整

まずは大きさを調整します。
「拡大・縮小」を使って左辺の大きさに合わせましょう。
また、編集するときは背景に合わせて合成できているか見れるように不透明度を下げることをおすすめします。


大きさを調整

次に横の長さを画像のように調整します。
リンクのボタンのチェックを外して、縦横の比率を無視した状態で調整しましょう。

ゆがみを使って調整

ゆがみを使って調整

次に変形を「ゆがみ」に変更して、右辺の向きや方向を調整します。

完成!

これで合成は完了です。
色味や光などを編集すればさらにクオリティの高いものを作成できます。

色味や光など合成した画像をなじませる方法はこちら
PhotoshopでクオリティUP!合成した写真を自然になじませる方法を紹介


おまけ:知っておくと得する補間方法

最後に変形の補間方法について紹介します。
補間方法は大きく分けて、「ニアレストネイバー法」、「バイリニア法」、「バイキュービック法」の3つの設定があります。
画像の質や処理速度にも関係しますので、ぜひチェックしておきましょう。

ニアレストネイバー法

画質はあまりよくありませんが、変更後のファイルサイズは軽くなり処理速度は速いです。
他の補間方法

この補間方法はドット絵を拡大させるときなどに便利です。
上記の画像のように、他の補間方法でドット絵を拡大をすると輪郭がぶれてしまいます。
しかし、下記の画像のようにニアレストネイバー法を使って拡大すれば、輪郭をぼかさずに拡大することができます。

ニアレストネイバー法

一見便利に見えますが、通常のイラストや写真を拡大すると画像がガタガタに表示されるので注意してください。

バイリニア法

PC側が領域内にあるピクセルの色の平均値を取得して、拡大後に自動で補正してくれます。
ニアレストネイバー法よりも処理に時間はかかりますが、画質は標準的です。

バイキュービック法

処理速度は低速ですが、精度の高い補間方式です。
バイキュービック法は、ニアレストネイバー法やバイリニア法よりも色調のグラデーションが滑らかになります。
いくつかの種類がありますが、画像を縮小する際には「バイリニア法(シャープ)」を、拡大する際は「バイリニア法(滑らか)」が適しています。


まとめ:合成、コラージュには欠かせない「変形」

変形の機能について解説しました。
「変形」は、Photoshopの中では基本的なツールであり合成やコラージュでもよく使われるため、ぜひ操作の仕方をマスターしておきましょう。
以下が今回のまとめです。

  • 変形には、大きく5種類ある
  • 遠近法や、自由な形に、ゆがみは合成で画像を配置する際によく使われる
  • 変形の補間方法は、画質や処理速度に関係している

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方やテクニックをチュートリアル的な形式で解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画の編集に関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。