Photoshopで背景が透明にならない時の対処法

Photoshopを使って、Webサイトなどの画像素材を作成する際に背景を透明に書き出せないと不便ですよね。
そこで、今回の記事ではPhotoshopで背景が透明にならない時の対処法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しますのでぜひご覧ください。

背景が透明な画像の作成手順

まずは、通常の背景が透明な画像の作成手順です。
下記の記事で、詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

Photoshop(フォトショップ)で背景が透明な画像を作る方法

次のステップから背景が透明にならない原因を紹介します。


背景レイヤーを削除していない

背景レイヤーを削除していない

画像のように、背景レイヤーを削除していない場合は画像が透過されません。
背景レイヤーを選択した状態で、ゴミ箱のアイコンをクリックして削除しましょう。


環境設定を確認してみる

透明部分・色域

次に環境設定を確認してみましょう。
画面上部のメニューから編集>透明部分・色域を選択します。


グリッドサイズ

グリッドサイズの部分が「なし」になっていると、背景が白く表示されます。
「小」、「中」、「大」のどれかに設定してOKボタンをクリックしましょう。


PNG形式で書き出す

画像を書き出すときに、JPEG形式などで書き出していると背景は透過されません。
書き出すときに、PNG形式を選択してみましょう。

画像の形式については、下記の記事詳しく紹介しておりますので気になる方はぜひご覧ください。
Photoshop画像保存 Photoshopで画像を保存する方法・ファイル形式まとめ


アートボードの場合はプロパティを確認

アートボードを使用している場合は、プロパティを確認してみましょう。

プロパティ

アートボードを選択した状態で、プロパティパネルを開くと「アートボード背景色」という項目があります。
こちらを「透明」に設定すれば、背景が透明になります。


まとめ:設定を一つ一つ見直そう

背景が透明にならなくても、設定を一つずつ見直すことで解決できます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工やデザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。