Photoshop(フォトショップ)ツールバーやワークスペースが消えた時の対処法

Photoshopで作業している時に、急にツールバーやワークスペースが消えたことはありませんか。
今回の記事では、Photoshopでツールバーやワークスペースが消えた時の対処法について紹介します。
初心者でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますのでぜひご覧ください。

ツールバーが消えた場合

ツールバーが消えた

まずは、ツールバーが消えた時の対処法について紹介します。
具体的な解決方法は以下の2通りがあります。

  • Tabキーを押す
  • ウィンドウ>ツールを選択

Tabキーを押す

まずは、キーボードのTabキーを押してみてください。
これで元に戻らない場合は、次の方法を試してみてください。

ウィンドウ>ツールを選択

ツールを選択

画面上部のメニューからウィンドウ>ツールを選択します。
ツールはウィンドウの下の部分にあります。


ツールバー

画面にツールバーが出てきます。


ドラッグして押し込む

画面の左の方にドラッグして押し込むと、元通りになります。


周りのワークスペースがすべて消えた場合

ワークスペース

ここでは、ワークスペースが消えた時の対処法について紹介します。
具体的な解決方法は以下の2通りがあります。

  • Tabキーを押す
  • ウィンドウ>ワークスペース>初期設定をリセットを選択

Tabキーを押す

先ほどと同じように、まずはTabキーを押してみてください。
これで元に戻らなかったら次の方法を試してみてください。

ウィンドウ>ワークスペース>初期設定をリセットを選択

初期設定をリセット

画面上部のメニューからウィンドウ>ワークスペース>初期設定をリセットを選択してください。


ワークスペース

これで、ワークスペースが元に戻ります。
以前、ワークスペースをカスタマイズしていた人はすべて初期設定の状態に戻ってしまうのでもう一度カスタマイズし直してください。


おまけ:不要なパネルを非表示にする方法

最後に、不要なパネルのみワークスペースから削除する方法について紹介します。

「閉じる」を選択

パネルの右上の「≡」をクリックして「閉じる」を選択するとワークスペースから削除できます。


まとめ:Photoshopを快適に使おう

Photoshopを使うのに慣れてきた人は、ワークスペースを自分が使いやすいようにカスタマイズしてみてもいいかもしれません。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工やデザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。