Illustrator|イラレのブラシが使えない時の対処法

ブラシ

Illustratorを使っている時に、ブラシが塗れなくなったことはありませんか。
今回の記事では、イラレのブラシが使えなくなった時の原因と対処法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますのでぜひチェックしてみてください。

ブラシが使えない原因として以下のことが考えられます。

  • ブラシプリセットがおかしい
  • レイヤーにロックがかかっている
  • 背景色と同じ色で塗っている

ブラシプリセットがおかしい

最初に紹介するのが、ブラシプリセットがおかしい状態です。

ブラシプリセット

画像のように、ブラシ定義の部分が「———基本」となっているとブラシが塗れなくなります。


ブラシを選択

ブラシ定義を開いて、赤枠の部分からブラシを選択すれば塗れるようになります。


新規ブラシを選択

もし、選択できるブラシがない場合は右上をクリックして新規ブラシを選択してください。


新規ブラシを作成

カリグラフィブラシを選択してOKボタンをクリックすれば新規ブラシを作成できます。
作成したブラシを選択して使用しましょう。


レイヤーにロックがかかっている

ブラシを選択していても塗れない場合は、レイヤーにロックがかかっている可能性があります。

ロックがかかっている

画像のように、レイヤーに鍵マークが付いている状態を「レイヤーにロックがかかっている」といいます。
鍵のマークをクリックすれば、レイヤーのロックが解除されてブラシを塗れるようになります。


背景色と同じ色で塗っている

最後に、ブラシは塗れてるけど背景色と同じ色なので塗れていないようにみえるということが考えられます。

カラーピッカー

線の部分をダブルクリックしてカラーピッカーを開き、色を変更してみましょう。


まとめ:設定を見直してみよう

急にブラシが使えなくなるとびっくりするかもしれませんが、設定を確認すればすぐに解決できます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方やテクニックをチュートリアル的な形式で解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画の編集に関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。