Illustrator|イラレが重い?10個の対処法を紹介します

Illustratorを操作している時に、動作が重いと感じたり急にフリーズすることはありませんか。
Illustratorは設定を変更することで、ある程度動作を軽くすることができます。
今回の記事では、イラレの動作が重い時の対処法を10個紹介します。
簡単に設定できるので、ぜひ試していてください。

具体的には下記のような対処法を紹介します。

  • GPUパフォーマンスのチェックを外す
  • 「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外す
  • 外付けハードディスクを使用する
  • アピアランスを少なくする
  • ぼかしやエフェクトなどの効果を少なくする
  • 字形パネルを非表示にする
  • ナビゲータパネルを非表示にする
  • 編集しないオブジェクトを削除・非表示にする
  • 画像をリンク配置にする
  • パスを簡略化する

GPUパフォーマンスのチェックを外す

まずは、GPUパフォーマンスのチェックを外す方法を紹介します。

パフォーマンス

画面上部のメニューから編集>環境設定>パフォーマンスを選択してください。


GPUパフォーマンスのチェックを外す

「GPUパフォーマンス」の部分のチェックマークを外してOKボタンをクリックすれば完了です。
これでIllustratorの動作が若干軽くなります。


「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外す

こちらは、ファイルをai形式で保存する時に使えるテクニックです。

「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外す

「別名で保存」をした時に、画像のようなウィンドウが出てくるかと思います。
その中の「PDF互換ファイルを作成」のチェックマークを外せば、データを軽くできるので便利です。

ただし、新しく他のドキュメントに配置する際にai形式で配置できなくなるので、注意してください。


外付けハードディスクを使用する

パソコン本体のメモリ不足が原因の時は、外付けハードディスクを使用することをおすすめします。

プラグイン・仮想記憶ディスク

パソコンに外付けハードディスクを接続した状態で、画面上部のメニューから編集>環境設定>プラグイン・仮想記憶ディスクを選択します。


外付けハードディスクに変更

ディスク1の部分を、外付けハードディスクに変更すれば完了です。


アピアランスを少なくする

文字の縁取りや二重縁取りに使えるアピアランスですが、多用すると動作が重くなる原因となります。
アピアランスの数を少なくしたり、他の方法で作成するなどの工夫をしましょう。

また、アピアランスでできることや使い方は下記の記事で詳しく紹介しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。
Illustratorのアピアランス|できることや使い方を紹介


ぼかしやエフェクトなどの効果を少なくする

こちらもアピアランスの時と同様に、一つのドキュメントで多用すると動作が重くなる場合があります。
対処法としては、一度JPEG形式で書き出して配置するなどの方法があります。


字形パネルを非表示にする

字形パネル

特殊記号や異体字を探すのに便利な字形パネルは、開いたままにしているとIllustratorの動作を重くします。
必要のない時は、なるべく非表示にしましょう。
パネルの右上の「×」をクリックすれば非表示にできます。


ナビゲータパネルを非表示にする

字形パネルと同様に、ナビゲーターパネルも、Illustratorの動作を重くすることがあります。
もし、動作が重いと感じたら一度非表示にしてみてください。

ナビゲータパネルを非表示

もし、画像のように右側にナビゲーターパネルが埋め込まれている場合は、画面上部のメニューからウィンドウ>ナビゲーターをクリックすることで非表示にできます。


編集しないレイヤー・オブジェクトを削除・非表示にする

現在編集していないレイヤーやオブジェクト、もしくは編集の完了しているレイヤー・オブジェクトは非表示にしておくことで、動作を軽くできます。
普段は非表示にして、書き出しの時にのみ表示しておくことをおすすめします。

また、ファイル内の不要なデータはなるべく削除するようにしましょう。


画像をリンク配置にする

画像を配置する時に埋め込まずに、リンク配置にすることで作業時のIllustratorの動きを軽くできます。

画像をリンク配置にする

埋め込みした画像をリンク配置に直す場合は、選択ツールで画像を選択して画面上部の「埋め込みを解除」をクリックしてください。

ただし、埋め込みをしていない状態のデータをai形式で保存し、他のパソコンに送信すると画像が表示されないなどのエラーが発生するので注意してください。

画像の埋め込みについては、下記の記事で詳しく紹介してますので興味のある方はこちらもチェックしてみてください。
画像の埋め込みとは?Illustrator(イラレ)で実行する理由や手順


パスを簡略化する

オブジェクト内のパスが複雑だと、処理に時間がかかりIllustratorの動作が重くなります。

パスを簡略化

画面上部のメニューからオブジェクト>パス>単純化を選択すれば、パスを簡略化できます。


まとめ:データを整理しながら使おう

Illustratorを使う時は、設定を見直してドキュメント内のデータを整理することで快適に使うことができます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方やテクニックをチュートリアル的な形式で解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画の編集に関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。