Illustratorのアピアランス|できることや使い方を紹介

Illustratorの初心者にぜひ知ってもらいたいのが、アピアランス機能です。
アピアランスを使いこなすことができると、制作するデザインの幅やクオリティが上がります。
この記事では、Illustratorのアピアランスを使ってできることや、アピアランスの使い方について紹介します。

アピアランスとは

アピアランスとは、テキストやオブジェクトの外観を装飾するための機能です。
アピアランスは、「線」、「塗り」、「効果」、「不透明度」の4つの属性で構成されており、これらの属性を使って装飾していきます。

アピアランスのメリット

アピアランスのメリットとして、一度作成した後に簡単に修正を加えられるという点が挙げられます。
また、作成した内容をグラフィックスタイルのパネルに保存すれば、他のテキストやオブジェクトにも同じ効果を適用することが可能です。

アピアランスでできること

先述した通り、アピアランスではテキストやオブジェクトの外観を装飾することができます。
例えば、テキストやオブジェクトに色を塗る、線を加える、影を加える、変形させる、透明度の設定などをすることが可能です。


アピアランスの基本的な使い方

ここでは、アピアランスの基本的な使い方について紹介します。
具体的な手順は以下の通りです。

STEP.1
テキストの追加
アピアランスを設定するテキストを追加します。
STEP.2
塗りと線を加える
アピアランスパネルから塗りと線を追加していきます。
STEP.3
効果を加える
文字に影やぼかしなどの効果を追加します。
STEP.4
不透明度を調整する
文字の不透明度を調整します。
STEP.5
設定を保存する
アピアランスの設定をグラフィックスタイルに保存します。

テキストの追加

まずは、テキストを追加していきます。

テキストを追加

ツールバーから文字ツールを選択して、テキストを追加します。

塗りと線を加える

アピアランスパネルを使って塗りと線を追加します。

アピアランスパネル

先ほど追加した文字を選択した状態で、アピアランスパネルを開きます。
※アピアランスが画面に見当たらない場合は、画面上部のメニューからウィンドウ>アピアランスを選択してください。


「新規塗りを追加」をクリック

アピアランスパネルの「新規塗りを追加」をクリックします。


塗りと線が追加された

塗りと線が追加されました。
線がまだ設定されていないので、線を追加していきましょう。


線幅や線端を設定

線の部分を長押しすると、線パネルが開きます。
線幅や線端を設定できます。


ツールバーの塗りと線で変更

また、色を細かく設定したい場合は、ツールバーの塗りと線で変更できます。

効果を加える

次に効果を加えていきます。

「新規効果を追加」をクリック

アピアランスパネルの「新規効果を追加」をクリックすると、効果を追加できます。


変形やぼかしなど様々な効果を追加

変形やぼかしなど様々な効果を追加できます。

不透明度を調整する

不透明度を調整していきます。
不透明度は塗りと線それぞれで設定できます。
不透明度の部分をクリック

不透明度の部分をクリックすれば、設定が可能です。

設定したアピアランスを保存する

最後に設定したアピアランスを保存する方法について紹介します。

グラフィックスタイルを選択

画面上部のメニューから、ウィンドウ>グラフィックスタイルを選択します。


ドラッグ&ドロップ

アピアランスパネルのアイコンをグラフィックスタイルの中にドラッグ&ドロップすることで、設定したアピアランスを保存することができます。

次のステップでは、アピアランスでできる設定の例を紹介します。


例1:カラフルな影をつける

カラフルな影をつける

まずは、画像のようにカラフルな影をつける方法について紹介します。

グラデーションを作成してスウォッチに追加

まずは、グラデーションを追加してスウォッチパネルに登録します。
影の色にこだわらい場合、このステップは飛ばして大丈夫です。

グラデーションを設定

グラデーションパネルを開いて、グラデーションを設定してください。
※グラデーションが画面に見当たらない場合は、画面上部のメニューからウィンドウ>グラデーションを選択してください。


スウォッチを選択

次にスウォッチパネルを開きます。
画面上部のメニューからウィンドウ>スウォッチを選択してください。


ドラッグ&ドロップ

グラデーションパネルのアイコンをスウォッチパネルの中にドラッグ&ドロップすることで、設定したグラデーションを保存することができます。
これで、カラフルな影を設定する準備が整いました。

アピアランスに新規塗りを追加

アピアランスに新規塗りを追加します。

「新規塗りを追加」をクリック

アピアランスパネルを開いて、「新規塗りを追加」をクリックします。


一番下に移動

追加した塗りをドラッグして一番下に移動します。


グラデーションに変更

最後に色を先ほど作成したグラデーションに変更します。

変形の効果を追加

最後に効果を追加していきます。

変形をクリック

先ほどの塗りを選択した状態で、「新規効果を追加」をクリックしてパスの変形>変形をクリックします。


水平方向、垂直方向に50px移動

水平方向、垂直方向に50px移動させます。
OKをクリックすれば完了です。


例2:ざぶとん(背景)を敷く

背景をつける

画像のように文字に背景をつけます。

新規塗りを追加

アピアランスに新規塗りを追加します。

「新規塗りを追加」をクリック

アピアランスパネルを開いて、「新規塗りを追加」をクリックします。


ドラッグして一番下に移動

追加した塗りをドラッグして一番下に移動します。


色を変更

また、背景と文字の違いを分かりやすくするために色を変更しておきましょう。

形状に変換の効果を追加

背景をつけるために、効果を追加していきます。

長方形をクリック

先ほどの塗りを選択した状態で、「新規効果を追加」をクリックして形状に変換>長方形をクリックします。


背景を追加

背景を追加できました。
OKをクリックすると完了です。


まとめ:アピアランスを使えばいろいろな表現が可能

Illustratorのアピアランスを使えばいろいろな表現が可能になります。
ぜひアピアランスを使いこなして、制作に役立ててください。
以下が今回のまとめです。

  • アピアランスはテキストやオブジェクトの外観を装飾するための機能
  • アピアランスは一度作成した後に簡単に修正を加えられる
  • 効果を追加すれば様々な表現方法を追加できる

また、この他にもIllustratorに限らずPhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフトの使い方について多くの記事を投稿しております。
デザインや動画編集に興味のある方はぜひご覧ください。