Photoshopでドーナツ状の選択範囲を作成したり画像を切り抜く方法

Photoshopでドーナツ状の画像を切り抜くとき、真ん中の必要ない部分まで切り取ってしまうことはありませんか。
この記事では、Photoshopでドーナツ状の画像を切り抜く方法と、何もない状態からドーナツ状の選択範囲を作成する方法を紹介します。

ドーナツ状の画像を切り抜く方法

ドーナツ状の画像を切り抜く方法

まずは、ドーナツ状の画像を切り抜く方法について紹介します。
上記の画像のドーナツを切り抜いていきます。

クイック選択ツールでドーナツを選択

ドーナツを選択

クイック選択ツールでドーナツを選択します。
しかし、今の状態だと真ん中の必要のない部分まで選択している状態です。
次のステップで真ん中の必要ない部分を削除します。

クイック選択ツールをマイナスにする

「現在の選択範囲から一部削除」を選択

画面上部のメニューから「現在の選択範囲から一部削除」を選択します。


ドーナツの真ん中をクリック

ドーナツの真ん中をクリックします。
すると必要ない部分を選択範囲から除外することができました。

コピー&ペーストして確認

それでは、ちゃんと選択範囲が作成されているか確認してみましょう。

新規レイヤーを作成

Ctrl+Cで現在の選択範囲をコピーして、新規レイヤーを作成します。


新規レイヤーにCtrl+Vで貼り付け

背景のレイヤーを非表示にして、新規レイヤーにCtrl+Vで貼り付けをしてみましょう。
しっかり選択範囲を切り取れていることが確認できました。


何もない状態からドーナツ状の選択範囲を作成する方法

次は、何もない状態からドーナツ状の選択範囲を作成する方法について紹介します。

画像の状態から始めます

上記の画像の状態から始めます。

下準備

まずは、楕円形選択ツールを選択して下準備をします。

楕円形選択ツールを選択

ツールバーから楕円形選択ツールを選択します。
次に、画面上部のメニューから「現在の選択範囲から一部削除」を選択します。
そして、画面上部のメニューのスタイルを「縦横比を固定」に変更します。


グリッドをクリック

次に画面にグリッドを表示します。
画面上部のメニューから表示>表示・非表示>グリッドをクリックします。


グリッドが表示

これでグリッドが表示されました。
これで準備は完了です。

大きめの選択範囲を作成

まずは、大きめの選択範囲を作成します。

太線の交差した部分をクリック

グリッドの太線の交差した部分を、Altキー(Macの場合はOptionキー)を押したままクリックして、そのままドラッグします。


大きめの選択範囲が作成

大きめの選択範囲が作成されました。
次は小さめの選択範囲を作成します。

小さめの選択範囲を作成

太線の交差した部分をクリック

大きめの選択範囲を作成した時と同じ部分をAltキー(Macの場合はOptionキー)を押したままクリックして、そのままドラッグします。


ドーナツ状の選択範囲を作成

これでドーナツ状の選択範囲を作成することができました。


ペンツールで色を塗ってみて、このようになれば成功です。


まとめ:ちょっとしたコツを掴んでレベルアップしよう

ドーナツ状の画像を切り取ったり、ドーナツ状の選択範囲を作成する方法について紹介しました。
ちょっとしたコツを掴めば、Photoshopは簡単に扱うことができます。
以下が今回のまとめです。

  • 選択範囲の必要ない部分を消すときは「現在の選択範囲から一部削除」を使用する
  • ドーナツ状の選択範囲を作成するときは、グリッドを表示するとやりやすくなる

また、この他にもPhotoshopの使い方に関する記事を多く紹介してますので、ぜひご覧ください。