画像の埋め込みとは?Illustrator(イラレ)で実行する理由や手順

Illustratorを使ってレイアウトする時に、画像を埋め込む必要があります。
この記事では、画像の埋め込みをしなければならない理由や埋め込みの手順について紹介します。

画像の埋め込みとは何か?

まずは、画像の埋め込みの概要や、埋め込みをする理由、メリット、デメリットについて紹介します。

画像の埋め込みとは

画像の埋め込みとは文字通り、Illustratorのファイルの中に画像が埋め込まれた状態を指します。
Illustratorに画像の情報を持たせるため、他のアプリケーションに依存せず、画像を表示させることが可能です。

逆に、埋め込みをせずに配置したい画像を別のアプリケーションで作成し、Illustratorには画像の情報を持たせない方法をリンク配置といいます。

画像の埋め込みをしなければならない理由

画像の埋め込みをしなければならない理由として、「画像のリンク切れなどのリスクを回避する為」ことが挙げられます。
簡単にいうと、どのパソコンでも画像が表示されるようにするために画像の埋め込みをする必要があるのです。

先ほど説明したリンク配置では、Illustratorに画像の情報を持たせずに配置するためデータが軽くなるなどのメリットがあります。
しかし、他のパソコンでファイルを開くとIllustratorの中に画像のデータが入っていないため上手く表示されないエラーが発生します。

自分一人のパソコンで作業を完遂する場合は問題ありませんが、仕事で多くの人にファイルを送信する必要がある場合は、必ず画像の埋め込みをするようにしましょう。

画像の埋め込みのメリット

画像の埋め込みのメリットには以下のようなものがあります。

  • Illustratorの中にはデータが埋め込まれるのでデータの管理が楽になる
  • Illustrator自体に画像が埋め込まれているので、表示されないなどのエラーが少ない
  • Illustratorを使って画像の編集が可能

画像の埋め込みのデメリット

画像の埋め込みのデメリットには以下のようなものがあります。

  • リンク先の元の画像をPhotoshopなどで編集・加工した場合、Illustratorに埋め込んだ画像には反映されないため一から埋め込みをし直す必要がある
  • IllustratorのAiファイルサイズが大きくなる

Illustratorの画像の埋め込みの手順

ここでは、画像の埋め込みの手順について紹介します。
具体的な、手順は以下の通りです。

STEP.1
画像を配置
ファイルから画像を選択して、配置していきます
STEP.2
画像を埋め込み
画像を埋め込みます
STEP.3
画像が埋め込みされているか確認
画像がちゃんと埋め込まれているか確認をしていきます

画像を配置

まずは、画像を配置していきます。
画像を配置

画面上部のメニューからファイル>配置を選択します。


「配置」をクリック

配置したい画像ファイルを選択して「配置」をクリックします。


大きさや位置を調整

画面をクリックすると、画像が配置されるので大きさや位置を調整しましょう。
画像の調整が完了したら埋め込みをしていきます。

画像を埋め込み

画像の埋め込みをしていきます。
一つの画像を埋め込む場合はとても簡単です。

埋め込みをクリック

画像を選択した状態で画面上部の埋め込みをクリックします。


埋め込み完了

画像の×印が消えていれば埋め込みは完了です。

画像が埋め込みされているか確認

最後にちゃんと画像が埋め込まれているか確認していきます。

リンクを選択

画面上部のメニューからウインドウ>リンクを選択します。


確認

画像が埋め込まれているか、リンク配置の状態であるかを確認できます。
画像のようなマークがあれば、埋め込みがされています。


複数の画像を一度に埋め込む方法

次に複数の画像を一括で埋め込む方法について紹介します。

リンクを選択

画面上部のメニューからウインドウ>リンクを選択します。


全てのリンクを選択状態にする

画像のように全てのリンクを選択状態にします。
Shiftキーを押しながら、ひとつずつクリックするとできます。
リンクパネルの右側の三本線をクリックして「画像を埋め込み」を選択します。


埋め込み完了

一括で埋め込みをすることができました。
一括でで埋め込みする方法は便利ですが、一度に埋め込みする数が多すぎるとパソコンがフリーズすることもあるので注意が必要です。


埋め込んだ画像をリンク画像に戻すには

最後に埋め込みした画像をリンク画像に戻す方法について紹介します。

リンクを選択

画面上部のメニューからウインドウ>リンクを選択します。


埋め込みを解除

リンク画像に戻したい画像を選択した状態で、リンクパネルの右側の三本線をクリックして「埋め込みを解除」を選択します。

PSDかTIFFに書き出し

PSDかTIFFに書き出しすることになります。
元の画像がどの拡張子だったかは関係なく、この2つの拡張子で書き出しされます。

埋め込みの解除が完了

保存をクリックすると埋め込みの解除が完了しました。
先ほど書き出ししたファイルを削除すると、Illustratorの方でエラーが出るので注意しましょう。


まとめ:データを共有する際に埋め込みは必須

自分だけでなく多くの人とデータを共有する場合は、必ず画像の埋め込みをするようにしましょう。
以下が今回のまとめです。

  • どのパソコンでも画像が表示されるようにするために画像の埋め込みをする必要がある
  • Illustrator自体に画像が埋め込まれているので、表示されないなどのエラーが少なくなる
  • IllustratorのAiファイルサイズが大きくなるため注意が必要

また、この他にもIllustratorの使い方を紹介しております。
興味のある方はぜひご覧ください。