Photoshop(フォトショップ)で背景が透明な画像を作る方法

Photoshopで切り抜いた画像を書き出したら、背景が透明にならず白くなってしまったことはありませんか。
Photoshopを使えば、背景が透明な画像を作成できます。
この記事では、Photoshopを使って背景が透明な画像を作る方法について紹介します。

具体的な手順は以下の通りです。

1
選択範囲を作成
2
選択範囲以外を削除
3
カンバスサイズを調整
4
PNG形式で保存

選択範囲を作成

まずは、画像に選択範囲を作成します。

選択範囲を作成

クイック選択ツールやオブジェクト選択ツールを使って、選択範囲を作成します。
選択範囲を四角形や楕円形にしたい場合は、長方形選択ツールや楕円形選択ツールを使用しましょう。


選択範囲以外を削除する

次に選択範囲以外の部分を削除します。

選択範囲を反転

選択範囲内で右クリックをして、「選択範囲を反転」をクリックします。


Deleteキー

選択範囲が反転されたら、Deleteキーを押しましょう。
選択範囲外が削除されます。
選択範囲以外を削除できたら、選択状態を解除して大丈夫です。


カンバスサイズを調整

次にカンバスサイズを調整します。
画像の大きさを変える必要のない人は、このステップを飛ばしても大丈夫です。

トリミング

画面上部のメニューからイメージ>トリミングを選択します。


透明ピクセルにしてOKをクリック

トリミング対象カラーを透明ピクセルにしてOKをクリックします。


透明ピクセルにしてOKをクリック

トリミングすることができました。


PNG形式で保存

最後にファイルの保存形式を選択します。

別名で保存を選択

画面上部のメニューからファイル>別名で保存を選択します。


ファイルの種類からPNGを選択します。
これで、背景が透明の画像を作成することができました。


まとめ:PNG形式にすれば背景が透明になる

JPEG形式で保存すると透明の部分は白色で表示されます。
背景が透明の画像を作成したい場合は、PNG形式で保存しましょう。

また、当サイトではPhotoshopやIllustratorなどAdobeソフト関連の使い方やテクニックをチュートリアル的な形式で解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画の編集に関する情報に興味のある方は、他の記事もぜひご覧ください。