【Illustrator】ラスタライズとは?イラレで行う手順や目的を解説!

PhotoshopやIllustratorを使って作成したポスターやチラシなどの画像を印刷する際に、ラスタライズをする必要があります。
今回の記事では、ラスタライズの意味やIllustratorでレイヤーをラスタライズする方法について解説します。
初心者の方に向けて、簡単に説明しておりますので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ラスタライズとは?

まずは、ラスタライズの概要やメリット、注意点を紹介します。

ラスタライズとは何か

ラスタライズとは、「ベクトル画像」を「ビットマップ画像」に変換する機能のことです。
画像内のパスや効果、テキストなどを結合して一枚ぺらの画像にします。

ベクトル画像とは、点と線を数値化して、パソコンが計算して画面に表示する画像のことで、どれだけ拡大しても境界線がガタガタにならず滑らかになるのが特徴です。
Illustratorで作成するシェイプレイヤーやPhotoshopのスマートオブジェクトは、このベクトル画像に該当します。
それに対して、ビットマップ画像とは点(ピクセル)の集まりで作成されている画像のことで、拡大するとガタガタになりますが、データが軽いのが特徴です。

ラスタライズをするメリット

ラスタライズをするメリットは主に「画像のデータが軽くなる」、「印刷の際のミスを防げる」の2つが挙げられます。
パスや効果をオブジェクトに追加し続けると、画像ファイルのデータが非常に重くなります。
ラスタライズをすれば、画像のデータが軽くなるので保存するときや作業中の速度の改善にも繋がります。
また、不透明度の調整やドロップシャドウなどの効果をオブジェクトに追加していると、印刷の際に上手くいかない場合があります。
ラスタライズは、印刷の際のミスを防ぐためにも重要な機能なのです。

メリットまとめ

  • 画像データが軽くなる
  • 保存や編集の速度が早くなる
  • 印刷ミスを防げる

ラスタライズの注意点

ラスタライズすると、ビットマップ画像に変換されるので拡大すると画質が悪くなります。
また、ラスタライズするとその後は編集することができないので注意してください。
パスの編集や、追加している効果の調整など全て完了したことを確認してからラスタライズすることをおすすめします。

そして、レイヤーをラスタライズする時は、画像の埋め込みと文字のアウトライン化をしないといけないので注意してください。

注意点まとめ

  • 拡大すると画質が悪くなる
  • ラスタライズした後は編集できない
  • 画像の埋め込み、文字のアウトライン化をしないとラスタライズできない

ラスタライズの手順

ここでは、ラスタライズを利用する手順について紹介します。

ラスタライズをクリック

画面上部のメニューから効果>ラスタライズを選択します。

項目を設定

ラスタライズのパネルが表示されます。
「カラーモード」、「解像度」、「背景」、「オプション」の項目を設定します。
OKをクリックすればビットマップ形式に変更されます。


まとめ:ラスタライズを上手く使おう

ラスタライズにはメリットが多い分、再編集できないというデメリットもあります。
実際に編集するときは、ラスタライズする前と後のデータを別名保存しておくと良いでしょう。
また、当サイトでは2020年からPhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の使用方法の記事を多く投稿しております。
この他にも、デザインや映像制作に関する知識や情報が知りたい方はぜひチェックしてみてください。