【Illustrator】イラレですぐにできるトリミングの方法3選

Illustratorで画像をトリミングしたい場合、主に3種類の方法があります。
今回は、Illustratorで画像をトリミングする方法について紹介します。

トリミング方法その1:長方形ツールを使用する

まずは、長方形ツールを使ってトリミングをする方法について紹介します。
おそらく、画像をトリミングする際に最も使用される方法ではないでしょうか。
手順も簡単ですので、ぜひチェックしてください。

長方形を作成

長方形を作成

まずは、トリミングしたい部分に長方形を作成します。
長方形ツールを使って画像のように長方形を作成します。

オブジェクト>クリッピングマスクを作成

クリッピングマスクを作成

選択ツールを使って画像と長方形を選択状態にします。
Shiftキーを押しながら画像と長方形をクリックするか、ドラッグして画像と長方形を囲むと選択状態にできます。


クリッピングマスクを作成

画面上部のメニューからオブジェクト>クリッピングマスク>作成をクリックします。


画像のトリミング

これで、画像のトリミングをすることができました。

どんな時に使う?

長方形ツールを使用したトリミングは、単純な形に切り抜きたいときに使用します。
長方形ツール以外にも楕円形ツールや多角形ツールを使えば、他の形にもトリミングできます。
また、クリッピングマスクは解除することも可能なので何度もやり直せるのがメリットの一つといえるでしょう。


トリミング方法その2:「画像の切り抜き」を使用する

次は「画像の切り抜き」を使用する方法について紹介します。

オブジェクト>画像の切り抜きを選択

画像の切り抜きを選択

画像を選択した状態で、オブジェクト>画像の切り抜きを選択します。

位置やサイズを調整して完了をクリック

位置やサイズを調整して完了

トリミングが可能になります。
位置や大きさを調整したら画面上部の完了をクリックしましょう。

どんな時に使う?

「画像の切り抜き」を使用したトリミングは、長方形ツールと同様に単純な形に切り抜きたいときに使用されます。
また、「画像の切り抜き」では位置や大きさを簡単に調整できるのがメリットだといえます。


トリミング方法その3:ペンツールを使用する

最後にペンツールを使ってトリミングをする方法について紹介します。
他の2つの方法とは違い、複雑な形に切り取ることができるのでぜひチェックしてください。

ペンツールでオブジェクトを囲む

ペンツールでオブジェクトを囲む

まずは、ペンツールを使ってオブジェクトを囲っていきます。
ダイレクト選択ツールやアンカーポイントツールなどを用いて、アンカーポイントの位置を調整すればより綺麗な選択範囲を作成できます。

オブジェクト>クリッピングマスクを作成

クリッピングマスクを作成

ペンツールで選択範囲を作成したら、選択ツールを使って画像と選択範囲を選択状態にします。


クリッピングマスクを作成

画面上部のメニューからオブジェクト>クリッピングマスク>作成をクリックします。


画像のトリミング

これで、画像のトリミングをすることができました。

どんな時に使う?

ペンツールを使ったトリミングは、画像を複雑な形に切り取りたいときに使用されます。
トリミングした後の形を自由に決められるので、汎用性が高いといえるでしょう。


まとめ:トリミングは簡単にできる

Illustratorで、トリミングしたい場合簡単なステップで行うことができます。
以下が今回のまとめです。

  • 長方形ツールを使用したトリミングは、単純な形に切り抜きたいときに使用する
  • 「画像の切り抜き」では位置や大きさを簡単に調整できる
  • ペンツールを使ったトリミングは、画像を複雑な形に切り取りたいときに使用する

また、この他にもIllustratorの使い方について多くの記事を投稿しております。
興味のある方はぜひご覧ください。