【Photoshop】フォトショで使えるブラシサイズのショートカット

Photoshopに限らず多くのソフトはショートカットキーを覚えることで作業効率が上昇します。
この記事では、Photoshopのブラシに関するショートカットキーを紹介します。

ブラシのショートカットにはどんなものがある?

ブラシのショートカットキーには、サイズの変更や硬さの変更などがあります。
ここでは、それぞれのショートカットキーを紹介します。

ブラシのサイズを変更する

ブラシサイズを1段階ずつ大きくするには、キーボードの「]」を押します。
ブラシサイズを1段階ずつ小さくするには、キーボードの「[」を押します。
また、一段階ずつ調整する以外にも方法はあります。

ブラシサイズを変更

Windowsの場合、Altを押した状態でマウスボタンを右クリックしたまま左右にドラッグすると、画像のようにブラシサイズを調整できます。
Macの場合は、Ctrl+Optionを押した状態でマウスボタンを右クリックしたまま左右にドラッグしましょう。

ブラシの硬さを変更する

次にブラシの硬さを変更する方法について紹介します。
ブラシを硬くするには、「Shift+]」を押します。
ブラシを柔らかくするには、「Shift+[」を押します。
また、ブラシの硬さにも他の調整方法があります。

ブラシの硬さを変更

Windowsの場合、Alt を押した状態でマウスボタンを右クリックしたまま上下にドラッグすると、画像のようにブラシサイズを調整できます。
Macの場合は、Ctrl+Optionを押した状態でマウスボタンを右クリックしたまま上下にドラッグしましょう。

ブラシパネルを表示するまたは隠す

ブラシパネルを表示

ブラシパネルを表示させるにはキーボードの「F5」を押します。

ブラシを回転させる方法

ブラシの先端を1度回転させるにはキーボードの左矢印と右矢印を押しましょう。
また、ブラシの先端を15度ずつ回転させるにはShiftキーと左右の矢印キーを押しましょう。

ブラシのカラー変更

また、ブラシのカラーを変更するショートカットキーもあります。

ブラシのカラー変更

Windowsの場合、alt+Shift を押しながら右クリックすると、画像のようにブラシのカラーを調整できます。
Macの場合は、Control+option+Commandを押しながらクリックするとブラシのカラーを調整できます。


ただ副業してもダメ!?
デザインだけに専念して収入も増やせる方法とは?

今回の記事を読んだ方は、デザイナーもしくはデザイナー見習いという人が多いのではありませんか。
今の会社や収入に不満のあり、デザインの副業をして収入を増やそうと考える人もいるでしょう。
しかし、実際に副業をしても

「クラウドソーシングで探しても倍率が高くコンペも落とされる…」
「案件を取るために自分で営業しても上手くいかない…」
「単発の案件ばかりで継続的に稼げない…」
「営業や事務作業などの無駄な時間が多い…」

という悩みを持ったことはありませんか。

副業やフリーランスの場合、営業や事務対応など全ての作業を自分で行なわないといけないため大変ですよね。
そんな時に、「案件を紹介してくれたり、仕事中のサポートをしてくれる人」がいたら副業も上手くいくと思いませんか。

今回紹介する「レバテッククリエイター」を使用すれば、未経験者でもデザインだけに専念して収入UPが可能です。
レバテッククリエイター」はクリエイター向けの案件紹介サイトです。

特長的なのは自分に適した案件を紹介してくれるためデザインに専念できる点と、キャリアプランや仕事の進め方、果ては次回プロジェクトについての相談が可能な点です。

それら全てのサービスを無料で使用できます。
そのため、デザインに専念して収入を増やしたい人自分で営業したくない人は、ぜひ一度試してみてほしいサービスとなっております。

おすすめポイント
  • 営業の手間を省いてデザイン作業だけで収入UPできる!
  • 無料のキャリア相談でより良い働き方を実現できる!
  • フリーランスでも継続して案件がもらえるので安心!

レバテッククリエイターは60秒で簡単に無料登録が可能です。
登録すれば、すぐに担当者がついてキャリアプランや案件について相談可能なので、ぜひお早めに登録してみてください。

60秒でレバテッククリエイターに無料登録

スマホの方はこちらからチェック!

まとめ:一つずつ使いこなしていこう

ショートカットキーを多く覚えれば、作業のスピードも上がり作業中のストレスも軽減されるでしょう。
一つずつ覚えて、Photoshopを使いこなしていきましょう。
また、この他にもPhotoshopの使い方について多くの記事を紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。