Photoshopでチャンネルが移動できない?対処法を紹介します。

Photoshopでチャンネルを移動させたいのに、エラー文が出て移動できないことはありませんか。
今回の記事では、Photoshopでチャンネルの移動ができない時の対処法について紹介します。
初心者の方に向けて、簡単に解説しておりますのでぜひチェックしてみてください。

「ターゲットにすべての合成チャンネルが含まれていません」と表示される

ターゲットにすべての合成チャンネルが含まれていません

チャンネルパネルを開いて、移動ツールで特定のチャンネルを移動させようとすると、画像のように「ターゲットにすべての合成チャンネルが含まれていません」というエラー文が出たことはありませんか。
今回は、このエラー文が出た時の対処法について紹介します。


解決方法:選択範囲を作成する

解決方法は簡単で、ドキュメント全体を包む選択範囲を作成することです。

選択範囲を作成

ツールバーから長方形選択ツールを選択して、ドキュメント全体を囲みます。


移動させることが可能

その後、移動ツールに持ち替えてチャンネルパネルを開き、特定のチャンネルを選択状態にすれば移動させることが可能です。


それでも解決しない場合はレイヤーをチェック

もし、上記の方法で解決できない場合はレイヤーパネルをチェックしてみましょう。
レイヤーがロックされている可能性もあるので、その場合はクリックしてロックを解除しましょう。


まとめ:色ずれの表現が可能

チャンネルを移動させれば、グリッチエフェクトのような色ずれを表現をすることが可能です。
グリッチエフェクトの作成方法は、下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

グリッチエフェクト|Photoshopで使う方法をじっくり解説

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工やデザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。