グリッチエフェクト|Photoshopで使う方法をじっくり解説

グリッチエフェクトを使用すれば、ゲーム画面やテレビ画面がバグった風の写真を簡単に作成できます。
この記事では、Photoshopを使ったグリッチエフェクトの作り方のチュートリアルを紹介します。
作成するのは以下の画像のようなグリッチエフェクトです。
グリッチエフェクト

グリッチエフェクトに関するPhotoshopのテクニックもいろいろ紹介するので、ぜひご覧ください。

グリッチ作成手順①画像の準備

写真素材を準備

まずは、Photoshopでグリッチエフェクトをかける写真素材を準備します。

スマートオブジェクトに変換

スマートオブジェクトに変換

そして、準備した画像をスマートオブジェクトに変換します。
画像のレイヤーを右クリックして「スマートオブジェクトに変換」を選択すれば、スマートオブジェクトに変換できます。

スマートオブジェクトとは?
画像をスマートオブジェクトに変換すると、編集しても画像が劣化しないため画質を維持したまま作成できます。

スマートフィルター

また、スマートオブジェクトに変換するとスマートフィルターという機能が使えるようになります。
通常のフィルターの場合、一度設定すると修正することができなくなるのですがスマートフィルターだと何度でも修正可能なので便利です。
今回紹介するテクニックの中に、フィルターの効果を使うものがあるのでぜひ画像をスマートオブジェクトに変換しておくことをおすすめします。

彩度を下げる

彩度を下げる

画像の彩度を下げます。
画面上部のメニューからイメージ>色調補正>色相・彩度をクリックします。
彩度を-100にします。
これで、画像の準備は完了です。

調整レイヤーから彩度を下げてもいい?
彩度は、調整レイヤーを使用しても編集が可能です。
しかし、グリッチエフェクトのような色ずれを表現できなくなります。
グリッチエフェクトをかける場合は、画面上部のメニューから色相・彩度を選択して彩度を下げるようにしましょう。


グリッチ作成手順②レイヤーの複製とスタイル追加

ここからはレイヤーを複製してレイヤースタイルを追加していきます。

レイヤーを複製

レイヤーを右クリックして、「レイヤーを複製」を選択します。
ショートカットキーCtrl+Jでも複製可能です。


レイヤースタイルのパネルを開く

複製したレイヤー(上のレイヤー)をダブルクリックして、レイヤースタイルのパネルを開きます。


チェックマークを外す

チャンネルの「R」に入っているチェックマークを外します。
次のステップでいよいよグリッチエフェクトをかけていきます。


グリッチ作成手順③画像の色ずれを表現する

移動ツールを選択

ツールバーから移動ツールを選択します。
そして画像を横にずらしてみましょう。


グリッチエフェクトをかけることができた

グリッチエフェクトをかけることができました。
ここから更に色ずれを表現していきます。


選択範囲を複数作成

長方形選択ツールを持った状態で、選択範囲を複数作成します。
2つ目以降の選択範囲はShiftキーを押しながら画面をドラッグすると作成できます。


矢印キーの右左のどちらかを押す

移動ツールに持ち替えて、キーボードの矢印キーの右左のどちらかを押すと色ずれが再現できます。


グリッチエフェクト

これでグリッチエフェクトは完成です。
次のステップからは、細かい調整方法やテクニックなどを紹介します。


おまけテクニック①グリッチエフェクトの色を調整

まずは、グリッチエフェクトの色を調整する2つの方法を紹介します。

レイヤースタイルから調整する方法

今回作成したグリッチエフェクト

今回作成したグリッチエフェクトだと赤と青の色ずれが生じます。


レイヤースタイル

他の色ずれを表現したいときはレイヤースタイルでチェックマークを外すチャンネルを変更してみましょう。


色ずれを表現

このように色ずれを表現できます。

調整レイヤーを使う方法

調整レイヤー

この他にも調整レイヤーの「色相・彩度」を追加して、色相を調整すればさらに細かく色を編集できます。
なかなか気に入ったら色を表現できない場合は、この方法を使用するとよいでしょう。


おまけテクニック②テレビっぽい線を追加する

テレビっぽい線

このステップでは、画像のようにテレビっぽい線を追加する方法について紹介します。


白色のレイヤーを作成

新規レイヤーを作成して、塗りつぶしツールを使い白色のレイヤーを作成しましょう。


フィルターギャラリーを選択

画面上部のメニューからフィルター>フィルターギャラリーを選択します。
また、この時塗りの背景カラーが黒になってることを確認しましょう。
この背景カラーがテレビっぽい線の色になります。


ハーフトーンパターンを選択してOKをクリック

スケッチの中のハーフトーンパターンを選択してOKをクリックします。


描画モードをオーバーレイに変更

レイヤーパネルから描画モードをオーバーレイに変更します。


テレビっぽい線を追加

これでテレビっぽい線を追加できました。


不透明度を下げて調整

線の主張が激しい時は、不透明度を下げて調整するとよいでしょう。


おまけテクニック③グニャグニャした効果を追加

グニャグニャとした効果を作る方法

最後にグニャグニャとした効果を作る方法について紹介します。


波形を選択

画面上部のメニューからフィルター>変形>波形を選択します。


波形のパネル

波形のパネルが開きます。
プレビューを見ながら数値を設定します。


完了

これでグニャグニャした効果の追加は完了です。


まとめ:グリッチエフェクトは細かく調整できる

グリッチエフェクトは、使いこなせば細かく加工したり文字にかけることも可能です。
ぜひ使いこなして制作に役立ててください。
また、0BeginはAdobeソフトの使い方やデザインについての記事を投稿しているWebサイトです。
興味のある方はぜひご覧ください。