超簡単なPremiere Proでのエンドロールの作成方法

Premiere Proのレガシータイトルを使用すれば、エンドロール動画を簡単に作成することができます。
この記事では、Premiere Proでエンドロールを作成する方法について紹介します。
作成手順だけでなく、動画がそれっぽくなるアイデアなども紹介しますので、ぜひご覧ください。

エンドロールの作成手順①レガシータイトルを設定

まずは、レガシータイトルを設定します。
エンドロールは、ほとんどすべての工程をレガシータイトルで作成するので要チェックです。

レガシータイトル

画面上部のメニューから、ファイル>新規>レガシータイトルをクリックします。


OKをクリック

新規タイトルというパネルが開くので、名前を「エンドロール」に変更してOKをクリックします。


文字を入力

レガシータイトルのパネルが開きます。
ここからエンドロールに記入する文字を入力していきましょう。


エンドロールの作成手順②テキストを入力して整列

横書き文字ツールを選択

左側のツールバーから、横書き文字ツールを選択します。


文字を入力

画面をクリックして文字を入力していきます。
画像のように、文字列が多くて画面からはみ出て表示されなくなると上手く入力できないので、あらかじめメモ帳やWordにテキストを入力しておき、それをコピーして貼り付けるというやり方が効率的です。


文字列を綺麗に整列

文字を入力し終わったら、文字列を綺麗に整列させます。
画面上部のメニューから、文字の大きさやフォント、間隔、揃え方などを調整できます。
プレビュー画面を見ながら調整していきましょう。


ツールバーの中心

中心に揃えたいときは、左側のツールバーの中心から調整できます。


エンドロールの作成手順③クロールオプションを設定

ここでは、文字を下から上に流すクロールオプションを設定します。

クロールオプションをクリック

画面上部のメニューからクロールオプションをクリックします。


ロール・クロールオプション

ロール・クロールオプションというパネルが開きます。
タイトルの種類を「ロール」に設定して、タイミングの「開始スクリーン」と「終了スクリーン」の両方にチェックを入れます。
設定できたらOKをクリックしましょう。


エンドロールの作成が完了

これで、エンドロールの作成は完了です。
レガシータイトルを×ボタンをクリックして閉じましょう。


タイムラインにドラッグ&ドロップ

プロジェクトパネルにエンドロールが追加されているので、タイムラインにドラッグ&ドロップします。


エンドロールの作成手順④速度の調整

最後にエンドロールの速度を調整します。

速度・デュレーション

エンドロールのクリップを右クリックして、速度・デュレーションを選択します。


クリップ速度・デュレーション

クリップ速度・デュレーションのパネルが開きます。
デュレーションの部分の数値をいじれば長さを変更できます。
例えば、エンドロールの長さを10秒にしたいときは画像のように「00:00:10:00」と入力します。


これで、エンドロールの速度調整は終了です。


エンドロールの細かい調整補法

ここでは、エンドロールの細かい調整方法について紹介します。

画像を挿入する

エンドロールの途中に画像を挿入することができます。

グラフィックを挿入

レガシータイトルを開いた状態で、画面を右クリックしてグラフィック>グラフィックを挿入をクリックします。


画像が挿入できます。
画面をスクロールすると画像を挿入する場所を調整できます。

最後に監督の名前で止める

動画のように最後に監督の名前で止める方法を紹介します。


ロール・クロールオプション

ロール・クロールオプションの終了スクリーンのチェックマークを外します。


監督名の上と下に多めの改行

監督名の上と下に多めの改行を入れて完了です。

エンドロールを加速させたり減速させる

加速と減速

ロール・クロールオプションの加速と減速にフレーム数を入力することで、エンドロールの速さを調整できます。


例えば、加速の部分に120と入力すると1秒=30フレームなので、エンドロールが始まって4秒間は加速します。
その後は一定の速さで流れます。


動画は減速の方に90と入力して、最後の3秒間は減速するように設定したものです。
映画のエンドロールでは、この最後に減速する表現が地味によく使われることが多いので気になる方はチェックしてみてください。


おまけ:エンドロールのアイデア

最後に、結婚式などのムービーで使えるエンドロールのアイデアを簡単に紹介します。

NGシーンを追加

コメディ映画などでよく使われるアイデアです。
画面を左右で分けて、左側にNG映像を配置して、右側にエンドロールを流します。
エンドロールが長すぎる場合や、場を持たせたいときなどに使われます。

メッセージ画像や動画を差し込む

結婚式の映像などで使われることがあります。
結婚式に出席できなかった人や、お世話になっている人の映像を差し込みます。
サプライズ感があり、本編に載せきれなかった映像などを差し込んだりしても楽しめます。

横向きのエンドロールにする

エンドロールを横向きにして巻物のようにして再生するのも意外性があります。
テレビのドラマのやバラエティのエンドロールは大体横向きに流れます。
また、画面を上と下で2つに分けて、上を映像、下をエンドロールにするなどの構成もよくあります。


まとめ:アイデア次第で色々作成できる

エンドロールの作成自体は、レガシータイトルを使うことで簡単にできますが、アイデアを練ることで面白いものを作成できます。
ぜひ色々なアイデアを考えてエンドロールを作成してみてください。
また、当サイトではこの他にもAdobeソフトの使い方に関する記事を多く投稿しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。