Photoshop(フォトショップ)|徐々に透明になるグラデーションをマスクで作成

Photoshopのレイヤーマスクの使い方を理解すれば、徐々に透明になるグラデーションを作成することができます。
この記事では、Photoshopのレイヤーマスクを使って徐々に透明になるグラデーションの作成方法を解説します。

徐々に透明になるグラデーションの作成方法

透明になるグラデーション

最初に、徐々に透明になるグラデーションを作成する手順を紹介します。
手順だけ知りたい方は、このステップの中だけを見ればOKです。

写真を用意

写真を用意

まずは、画像のように写真を2枚重ねの状態にします。
今回は写真を2枚用意していますが、1枚でも特に問題ありません。

レイヤーマスクを追加

レイヤーマスクを追加

レイヤーパネルを開きます。
上のレイヤーを選択した状態で、「レイヤーマスクを追加」のボタンをクリックします。


レイヤーマスクが追加される

レイヤーマスクが追加されました。
次にグラデーションを追加していきます。

グラデーションを追加

ここからはグラデーションツールを使ってグラデーションを追加していきます。

白黒のグラデーションを選択

ツールバーからグラデーションツールを選択して、画面上部のグラデーションピッカーを開き白黒のグラデーションを選択します。


写真の上をドラッグ

レイヤーマスクを選択した状態で、写真の上をドラッグしてみましょう。


透明になるグラデーション

徐々に透明になるグラデーションを作成できました。
以上で徐々に透明になる写真の作成は完了です。


グラデーションの調整方法

ここでは、グラデーションツールの使い方について紹介します。
グラデーションの形や方向など、細かい調整方法を知りたい方はぜひチェックしてみてください。

グラデーションの形を変更

グラデーションの形

グラデーションは画面上部のメニューから変更することができます。
グラデーションは以下の5種類の形に変更できます。


グラデーションの形

グラデーションの形一覧

  • 線形グラデーション
  • 円形グラデーション
  • 円錐形グラデーション
  • 反射形グラデーション
  • 菱形グラデーション

グラデーションの方向

グラデーションの方向

グラデーションの方向は、画面をドラッグする向きによって調整させることができます。


グラデーションを反対向きにできる

また、画面上部のメニューの反転グラデーションをクリックすれば、グラデーションを反対向きにすることができます。

グラデーションの変化具合の調整

グラデーションエディター

画面上部のグラデーションの部分をクリックすると、グラデーションエディターが開きます。


グラデーションの変化の具合

カラー分岐点を動かすとグラデーションの変化の具合を調整できます。


レイヤーマスクでなぜ透明にできるの?

ここでは、そもそもなぜレイヤーマスクで透明にできるのか、その仕組みを紹介します。
マスクは、Adobeの他のソフトでも使用することがあるので、知っておいても損はないでしょう。

レイヤーマスクは画像の一部を隠す機能

レイヤーマスクは簡単に説明すると、画像の一部を隠す機能です。
人が、口元を隠すマスクのように考えれば分かりやすいかもしれません。
赤や青など彩度のある色は使えず、白や黒などの無彩色を使って隠したい部分を設定します。

白い部分は表示されて黒い部分が隠される

画像のように、レイヤーマスクの白い部分は表示されて、黒い部分が隠されます。

グレーの部分は少し透けた状態になる

レイヤーマスクの仕組みを更に詳しく説明すると、使用する色の明度によって表示するか隠すかを決定します。
例えば、黒は明度が0%なので画面に表示されません。不透明度は0%です。
白は明度100%なので、画面に表示されます。不透明度は100%になります。

少しだけ透けた状態になる

つまり、グレーを使うと画像のように少しだけ透けた状態になるのです。

注意!背景にはレイヤーマスクを追加できない

背景には追加できない

ちなみに、レイヤーが背景の状態だったりロックされていると、レイヤーマスクを追加することはできません。
レイヤーマスクを追加したい場合は、レイヤーの右部分にある鍵のマークをクリックして、ロックを解除してから追加しましょう。


応用①:調整レイヤーにグラデーションを使用する

徐々に彩度がなくなる

ここからは応用編です。
調整レイヤーへグラデーションをかけると、写真のような徐々に彩度がなくなる表現などもできます。
まずは、こちらの作り方について紹介します。

調整レイヤーを追加する

調整レイヤーを追加

まずは、レイヤーパネルから調整レイヤーを追加します。
今回は、「色相・彩度」を追加します。


画面が白黒になる

彩度を-100に設定します。
画面が白黒になりました。

マスクにグラデーションをかける

ここからは、レイヤーマスクにグラデーションを追加します。

レイヤーマスクにグラデーションを追加

調整レイヤーを追加すると、自動でレイヤーマスクも追加されるので、こちらにグラデーションツールでグラデーションをかけてみましょう。


徐々に彩度がなくなる写真

徐々に彩度がなくなる写真が完成しました。
他の調整レイヤーを使用すれば、それぞれ違う表現方法が可能になるのでぜひ試してみてください。


応用②:マスクの形を工夫する

マスクの形

最後に、写真のようにマスクの形を工夫して作る方法を紹介します。


マスクの形の参考にしたい写真を用意

まずは、マスクの形の参考にしたい写真を用意します。
今回はこちらのハートの写真をマスクの参考にしましょう。


埋め込みを配置

画面上部のメニューからファイル>埋め込みを配置を選択します。
顔の部分にハートが重なるようにします。
後で調整できるので、ザックリで大丈夫です。
位置を調整できたら、Enterキーを押します。


ハートの形の選択範囲を作成

クイック選択ツールを使ってハートの形の選択範囲を作成します。


選択範囲をぼかす

選択範囲内で右クリックして、「選択範囲をぼかす」をクリックします。
そして、選択範囲をぼかします。
今回は150pxに設定しました。
ハートの写真は削除します。


レイヤーにマスクを追加

選択範囲を残した状態で、レイヤーにマスクを追加してください。


ハート型っぽい感じの形のグラデーション

ハート型っぽい感じのグラデーションを作成できました。


背景画像を追加

下に背景画像を追加すると分かりやすいですね。
ハート型以外にも様々な形のマスクを作成できるので、ぜひいろいろ試してみてください。


まとめ:レイヤーマスクを使えば作成できる

レイヤーマスクを使って徐々に透明になる写真を作成する方法について解説しました。
この他にも、レイヤーマスクには様々な使い方があるので、ぜひいろいろ試してみてください。
この他にも、当サイトではIllustratorやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
0Beginで検索すれば出てきますので、気になる方はぜひご覧ください。