Photoshop(フォトショップ)のクリッピングマスク❘基本と応用を紹介!

Photoshopのクリッピングマスクは、画像の切り抜きしたり画像の一部分のみを編集することができる機能です。
今回の記事では、Photoshopのクリッピングマスクの基本的な使い方や応用テクニックについて紹介します。
画像を文字の形に切り抜く方法や、一部分だけ白黒にする方法なども簡単に書いているのでぜひご覧ください。

クリッピングマスクを使う手順

まずは、クリッピングマスクを適用させる手順について紹介します。

画像の準備

画像を用意

まずは、画像を用意します。
用意する画像は何でもいいです。
※画像のレイヤーが背景になっている場合は、普通のレイヤーに戻しましょう。

オブジェクトを作成

次に自由にオブジェクトを作成します。

オブジェクトを作成

新規レイヤーを追加して、オブジェクトを作成します。
ブラシツールや長方形ツールなどで、自由に作成してください。

レイヤーの順番を変更

レイヤーの順番を変更します。

オブジェクトのレイヤーを下に

画像のように、先ほど作成したオブジェクトのレイヤーを下にしてください。

クリッピングマスクを作成

いよいよクリッピングマスクを作成していきます。

クリッピングマスクを作成

画像のレイヤーを右クリックして、「クリッピングマスクを作成」を選択してください。


クリッピングマスクが作成される

クリッピングマスクが作成されて、画像のように表示されます。
レイヤーが画像のように、右に少しずれていたら成功です。


クリッピングマスクの使い道

上のステップで、クリッピングマスクを使う手順を紹介しました。
ここでは、クリッピングマスクにはどのような使い道があるのか紹介します。

オブジェクトや文字の形で切り抜く

オブジェクトや文字の形で切り抜く

基本的には、画像のようにオブジェクトや文字の形で切り抜きを行う際に使用されます。
ポスターやチラシ、Webサイトのデザインをする際に使うことが多いです。

一部分だけ編集する

後の応用②のステップで紹介しますが、調整レイヤーなどを使って一部分だけ編集したいときに使われることもあります。

一部分だけ編集する

上記のように、複数の画像を使用している時に一枚の画像のみ白黒にすることなども可能です。

イラストで影などを描く時に使用する

Photoshopでイラストを作成する際は、クリッピングマスクを使用することが多いです。

首元に影を作成

例えば、画像のように首元に影を作成するとします。
(絵がドへたくそなのは放っておいてください)


クリッピングマスクを作成

例え適当に影を描いても、肌のレイヤーにクリッピングマスクを作成すれば、画像のように自動で他の部分が消えるので、とても便利でおすすめです。


クリッピングマスクの応用①文字で切り抜く

文字で切り抜く

ここでは、画像を文字で切り抜く方法について紹介します。


切り抜きをする画像を用意

まずは、切り抜きをする画像を用意します。


テキストを入力

左側のツールバーから文字ツールを選択して、テキストを入力します。


クリッピングマスクを作成

レイヤーの上下を入れ替えて、画像のレイヤーを右クリックして「クリッピングマスクを作成」を選択すれば完成です。


クリッピングマスクの応用②一部分だけ白黒にする

一部分だけ白黒にする

最後に画像のように、一部の写真のみ白黒にする方法を紹介します。


画像を用意

まずは、画像を用意します。
画像のように複数枚の写真を別々のレイヤーに配置してください。


「色相・彩度」をクリック

白黒にしたい画像を選択した状態で、調整レイヤーの中から「色相・彩度」をクリックします。


クリッピングマスクを作成

追加された調整レイヤーを右クリックして、「クリッピングマスクを作成」を選択します。


彩度を下げれば完成

後は色相・彩度のパネルから彩度を下げれば完成です。


まとめ:色々な使い方が可能

クリッピングマスクは、画像を切り抜きする以外にも色々な利用方法があります。
是非使い方をマスターして、制作に役立ててください。

この記事では、レイヤーマスクについて紹介しておりますので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。
Photoshop(フォトショップ)|徐々に透明になるグラデーションをマスクで作成

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどのAdobeソフト関連の情報を投稿しております。
Adobeソフトのテクニックやチュートリアル、写真、動画の編集に興味のある方は、ぜひ他の記事もチェックしてみてください。