Photoshop(フォトショップ)のぼかしができない?対策方法や代替ツール

ぼかし

Photoshopのぼかしツールを使用していると、エラーのメッセージが表示されたり画像が上手くぼけないということはありませんか。
ぼかしツールは、画像の設定やぼかしツールそのものの設定によって、上手く使えなくなることがあります。
今回の記事では、Adobe Photoshopのぼかしツールが上手く使えない時の原因や対処法、ぼかしツールの代わりになるツールを紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように解説しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

原因1:画像がスマートオブジェクトになっている

スマートオブジェクトになっている

上記の画像のように表示されたときは、画像がスマートオブジェクトになっています。
スマートオブジェクトの状態だと、ぼかしツールを利用することはできません。
OKボタンをクリックして、スマートオブジェクトをラスタライズしましょう。

ラスタライズとは?
ラスタライズとは、「ベクトル画像」を「ビットマップ画像」に変換する機能のことです。

ベクトル画像とは、点と線を数値化して、パソコンが計算して画面に表示する画像のことで、どれだけ拡大しても境界線がガタガタにならず滑らかになるのが特徴です。
スマートオブジェクトは、このベクトル画像に該当します。

それに対して、ビットマップ画像とは点(ピクセル)の集まりで作成されている画像のことで、拡大するとガタガタになるが、データが軽いのが特徴です。

ぼかしツールやブラシツールはビットマップ画像にしか使用することができないので、一度ラスタライズしてビットマップ画像に設定する必要があるのです。


原因2:ブラシの強さが0%になっている

Photoshopでブラシツールが使えない原因として、ブラシの強さが0%になっていることが考えられます。

ブラシの強さが0%になっている

画面上部のメニューの強さを確認してください。
0%になっている場合は、100%に設定しましょう。

原因3:画像のサイズが大きすぎる

ブラシツールの効果が上手く反映されない原因として画像のサイズが大きすぎることが考えられます。

画像のサイズ

例えば、上記の画像をご覧ください。
同じ画像ですが、サイズが違います。
同じ強さのブラシでぼかしをかけました。
左の画像は画像はサイズが大きすぎるため、あまりぼかしがかかったようには見えません。
逆に右の画像はサイズが小さいのでしっかりとぼかしがかかります。
もし、画像のサイズが大きすぎるなら、後のステップで紹介する他のツールを使用してみることをおすすめします。


原因4:レイヤーにロックがかかっている

レイヤーにロックがかかっている

画像のように、レイヤーの右側に鍵のマークがあると、レイヤーにロックがかかっている状態です。
レイヤーにロックがかかっていると、ぼかしツールに限らず全ての編集ができなくなります。
鍵のマークをクリックすればロックは解除されます。


ぼかしツールの代わりとなるツール

ここでは、ぼかしツールの代わりになるツールとその使用方法を説明します。
簡単に使えるツールばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

指先ツール

指先ツール

指先ツールを使用すれば、ぼかしツールと同じように画像をドラッグすることでぼかしを加えることができます。


ぼかしツールの部分を長押し

ツールバーのぼかしツールの部分を長押しすれば表示されます。


注意点

注意点としては、マウスを激しく動かすと画像のように歪んでしまうという点が挙げられます。
指先ツールを操作するときは、あまり激しくしないよう注意しましょう。

ぼかし(ガウス)

</h3><noscript><img src=

ぼかし(ガウス)

画面上部のメニューからフィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)を選択すればパネルが開きぼかし(ガウス)を適用できます。

ぼかし(レンズ)

ぼかし(レンズ)

ぼかしのレンズは一眼レフカメラで撮影したようなぼかしを表現できます。
ぼかしの強弱だけでなく、いろいろな調整が可能なのが特徴的です。


ぼかし(レンズ)

画面上部のメニューからフィルター>ぼかし>ぼかし(レンズ)を選択すれば使うことができます。


ただ副業してもダメ!?
デザインだけに専念して収入も増やせる方法とは?

今回の記事を読んだ方は、デザイナーもしくはデザイナー見習いという人が多いのではありませんか。
今の会社や収入に不満のあり、デザインの副業をして収入を増やそうと考える人もいるでしょう。
しかし、実際に副業をしても

「クラウドソーシングで探しても倍率が高くコンペも落とされる…」
「案件を取るために自分で営業しても上手くいかない…」
「単発の案件ばかりで継続的に稼げない…」
「営業や事務作業などの無駄な時間が多い…」

という悩みを持ったことはありませんか。

副業やフリーランスの場合、営業や事務対応など全ての作業を自分で行なわないといけないため大変ですよね。
そんな時に、「案件を紹介してくれたり、仕事中のサポートをしてくれる人」がいたら副業も上手くいくと思いませんか。

今回紹介する「レバテッククリエイター」を使用すれば、未経験者でもデザインだけに専念して収入UPが可能です。
レバテッククリエイター」はクリエイター向けの案件紹介サイトです。

特長的なのは自分に適した案件を紹介してくれるためデザインに専念できる点と、キャリアプランや仕事の進め方、果ては次回プロジェクトについての相談が可能な点です。

それら全てのサービスを無料で使用できます。
そのため、デザインに専念して収入を増やしたい人自分で営業したくない人は、ぜひ一度試してみてほしいサービスとなっております。

おすすめポイント
  • 営業の手間を省いてデザイン作業だけで収入UPできる!
  • 無料のキャリア相談でより良い働き方を実現できる!
  • フリーランスでも継続して案件がもらえるので安心!

レバテッククリエイターは60秒で簡単に無料登録が可能です。
登録すれば、すぐに担当者がついてキャリアプランや案件について相談可能なので、ぜひお早めに登録してみてください。

60秒でレバテッククリエイターに無料登録

スマホの方はこちらからチェック!

まとめ:画像とツールの設定を見直そう

ぼかしツールが使えなくなる場合、画像かツールの設定を見直すことで解決できることが多いです。
解決方法を覚えて、制作に役立ててください。

こちらの記事では、ぼかしツールの使い方や一部だけぼかすなど、便利な応用テクニックを紹介しておりますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。
ぼかし Photoshopのぼかしツール初心者向け|画像の一部や背景をぼかす方法

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方やテクニックをチュートリアル的な形式で解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画の編集に関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。