Illustrator|イラレで文字にグラデーションをかける方法を2つ紹介!

Illustratorにはグラデーションをかける方法が大きく分けて2つあります。
今回の記事では、アピアランスパネルを使ってグラデーションをかける方法とパスファインダーを使ってグラデーションをかける方法とそのメリットについて紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように解説しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

アピアランスパネルを使ってグラデーションをかける

まずは、アピアランスパネルを使った文字へのグラデーションのかけ方を紹介します。
今回紹介する方法は2種類ありますが、個人的にこちらの方がおすすめです。

文字を追加してアピアランスで塗りを追加

アピアランス

まずは、自由に文字を追加します。
追加した文字を選択ツールで選択状態にして、アピアランスパネルを開きます。


アピアランス

「新規塗りを追加」をクリックしてください。
すると、塗りが追加されます。

塗りをグラデーションに変更

アピアランス

先ほど追加したアピアランスパネルの「塗り」の部分を選択した状態でツールパネルのグラデーションのボタンをクリックしてください。
すると、塗りがグラデーションに変更されます。

グラデーションツールに持ち替えて調整

アピアランス

最後にグラデーションツールに持ち替えて、色やグラデーションの向きを変更すれば完了です。
グラデーションが白黒で変更できない場合は、右側の三本線をクリックしてカラーモードを変更すれば、自由な色に変更できます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Illustratorのグラデーションが変更できない2パターンと対処法を紹介!


アピアランスパネルを使うメリット

ここでは、アピアランスパネルを使って文字にグラデーションをかけるメリットについて紹介します。

テキストの打ち替えが可能

アピアランス

アピアランスパネルを使った場合、後から文字を加筆したり打ち替えることができます。
画像のように、グラデーションを保持したままの変更が可能なため、柔軟な編集ができます。

アウトライン化せずに文字にグラデーションをかけることができる

アウトライン化せずに、グラデーションをかけることができるのもメリットの一つです。
アウトライン化してしまうと、フォントの変更や文字の打ち替えができなくなってしまうので、アウトライン化せずに編集できるのはとても便利です。

おしゃれな背景なども作れる

アピアランスパネルを使用すれば、グラデーションをかけるほかにもおしゃれな枠や背景を作ることも可能です。

アピアランス


アピアランス

例えば、アピアランスパネルで「塗り」をさらにもう一つ追加し、一番下に設定します。
その塗りを選択した状態で、画面上部の効果>形状に変換から「長方形」を選択することで、背景を作れます。


アピアランス

作成された背景をスウォッチパネルで柄に変更すれば、様々なデザインを楽しむことができます。


パスファインダーを使ってグラデーションをかける

次にパスファインダーを使ったグラデーションのかけ方について説明します。
パスファインダーを使った方法は手順が簡単なので比較的すぐにできるかと思います。

文字を追加

パスファインダー

まずは、自由な文字列を作成します。
フォントやサイズなど自由に設定してください。

パスファインダーで複合シェイプを作成

パスファインダー

パスファインダーを使って複合シェイプを作成していきます。
画面上部のメニューからウィンドウ>パスファインダーを選択します。


パスファインダー

先ほど作成した文字列を選択した状態で、パスファインダーの三本線をクリックして「複合シェイプを作成」を選択します。

グラデーションに変更

パスファインダー

最後にグラデーションに変更していきます。
ツールパネルのグラデーションのボタンをクリックします。
グラデーションツールに持ち替えて、色やグラデーションの向きを変更すれば完了です。
アピアランスパネルの時と同様、グラデーションが白黒で変更できない場合は、右側の三本線をクリックしてカラーモードを変更しましょう。


パスファインダーを使うメリット

最後に、パスファインダーを使うメリットについて紹介します。

手順が簡単

パスファインダーを使った方法は、アピアランスパネルを使う方法より比較的手順が簡単かと思われます。
多用する場合は、パスファインダーを使う方が便利かもしれません。

テキストの打ち替えが可能

アピアランスパネルを使った方法と同様、後から文字を加筆したり打ち替えることができます。
テキストの編集が柔軟にできるのは、共通のメリットであるといえるでしょう。

アウトライン化せずに文字にグラデーションをかけることができる

こちらもアピアランスパネルを使った方法と同様、アウトライン化せずに、グラデーションをかけることができます。
アウトライン化してしまうと、元に戻すことが難しいので編集の際には非常に助かります。


まとめ:どちらの方法も同じように編集できる

今回は文字列にグラデーションをかける2つの方法を紹介しました。
どちらも結果的に、同じようなグラデーションをかけられるので使いやすい方を選べばよいでしょう。
以下が今回のまとめです。

  • 文字列にグラデーションを書ける場合、アピアランスパネルとパスファインダーを使う方法がある
  • どちらの方法にもアウトライン化せずに後から文字列を打ち替えれるというメリットがある

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方やテクニックをチュートリアル的な形式で解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画の編集に関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。