Illustrator(イラレ)で直線・曲線を引く基本の方法

Illustratorでは、直線や曲線を自由に作成することができます。
今回の記事では、Illustratorで線を引く方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

直線を引く方法

まずは、直線を引く方法について紹介します。
直線を引くには、直線ツールを使う方法とペンツールを使う方法があります。
それぞれについて紹介していきます。

直線ツールで線を引く

直線ツール

ツールバーから直線ツールを選択します。
そして、アートボード内をドラッグすれば線を引くことができます。

ペンツールで線を引く

ペンツール

ツールバーからペンツールを選択します。
そして、アートボード内を2度クリックすれば線を引くことができます。


クリック

ペンツールは画像のように、クリックすれば無限に線が引かれます。
Ctrlキー(Commandキー)を押しながらクリックすれば、終了します。

線の編集方法

ここでは、作成した線を編集する方法について紹介します。

色を変更する

「線」をダブルクリック

色を変更するするには、作成した線を選択した状態でツールバーの「線」をダブルクリックします。


好きな色に変更

カラーピッカーが開くので好きな色に変更しましょう。

太さを変更する

「線」の数値を調整

線の太さを変更するには、線を作成した状態で画面上部の「線」の数値を調整しましょう。

線端を丸くする

線の端を端を丸くするには、線パネルから変更します。

ウィンドウ>線をクリック

画面上部のメニューからウィンドウ>線をクリックします。


線端

線パネルが開きます。
作成した線を選択した状態で、線端を真ん中のものに変更すれば丸くなります。

線幅を変更する

線幅を変更

画像のように線幅を変更することもできます。


可変線幅プロファイルを選択

作成した線を選択した状態で、可変線幅プロファイルを選択します。
この中から線幅を選択しましょう。

曲線を引く方法

ここでは、曲線を引く方法について紹介します。
大きく分けると3つの方法があります。

曲線ツールを使う方法

曲線ツールを選択

ツールバーから、曲線ツールを選択します。


曲線が作成

画面をクリックすれば、画像のように曲線が作成されます。
作成を終了したいときは、Ctrlキー(Commandキー)を押しながらクリックしましょう。

ペンツールを使う方法

ペンツールでも、曲線を作成することができます。

ドラッグ

アートボード内を2度目にクリックする際、そのままドラッグすると曲線になります。

既に作成された直線を曲線にする方法

既に作成されている直線を曲線にする場合は、アンカーポイントツールを使用します。

アンカーポイントツールを選択

ツールバーからアンカーポイントツールを選択します。


ドラッグ

アンカーポイントをクリックして、そのままドラッグしてみましょう。
曲線にすることができます。


ハンドル

曲線の曲がり具合などを調整したい場合は、アンカーポイントツールでハンドルをいじってみましょう。
曲がり具合を調整できます。


波線を作る方法

Illustratorを使いこなせば波線を作ることも可能です。
下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Illustrator(イラストレーター)ですぐできる!イラレの波線の作り方

矢印を作成する方法

作成した線を矢印に返納することもできます。
下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

【Illustrator】イラレの矢印の作り方!直線を矢印にする方法や応用編など

まとめ:色々な方法がある

Illustratorで線を引く方法は、たくさんあります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。