Illustrator(イラレ)のブラシの種類や使い方を紹介します

Illustratorには、ブラシツールがありパスを様々な種類の線に変更させることができます。
今回の記事では、Illustratorのブラシの使い方を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

ブラシツールの使い方

まずは、ブラシツールの使い方について紹介します。

ブラシツールを選択

ブラシツールを選択

まずは、ツールバーからブラシツールを選択します。


アートボード

そして、アートボードに線を引きましょう。

ブラシパネルで編集

次にブラシパネルで編集していきます。

ブラシを選択

作成した線を選択状態にして、画面上部のメニューからウィンドウ>ブラシを選択してください。


ブラシライブラリメニューをクリック

ブラシパネルが開きます。
左下の本棚のようなアイコン(ブラシライブラリメニュー)をクリックします。


ブラシを選択

色々なブラシを選択できます。
今回は、画像ブラシを選択してみましょう。


ブラシをクリック

画像ブラシのライブラリが開きます。
好きなブラシをクリックすると、線に反映されます。

このように色々な線を作成することができます。

ブラシの種類

ブラシには、主に下記の5つの種類があります。

  • カリグラフィブラシ
  • 散布ブラシ
  • アートブラシ
  • 絵筆ブラシ
  • パターンブラシ

下記でそれぞれの特徴を詳しく紹介します。

カリグラフィブラシ

カリグラフィブラシ

カリグラフィブラシは、カリグラフィペンで描いたような線幅の異なる線を描くことができるブラシです。
ブラシパネルの一番上の段に表示されます。


ダブルクリック

カリグラフィブラシのアイコンをダブルクリックすれば、画像のように調整することができます。

散布ブラシ

散布ブラシ

散布ブラシは、パスに沿ってオブジェクトを散布させられるブラシです。
ブラシパネルの二番目の段に表示されます。


アイコンをクリック

アイコンをクリックすれば、画像のように散布具合が少しずつ変化します。


アイコンをダブルクリック

アイコンをダブルクリックすれば、画像のように設定を変更することができます。

アートブラシ

アートブラシ

アートブラシは、オブジェクトをパスに沿って伸縮させてブラシとして扱うことができます。
例として、チョークや木炭などがあります。
散布ブラシの下の細長いアイコンです。


アイコンをダブルクリック

他のブラシと同様に、アイコンをダブルクリックすることで編集できます。

パターンブラシ

パターンブラシ

パターンブラシとして登録されているオブジェクトを、パスに沿って配置することができます。
アートブラシの下の、一マスごとに区切りがついてあるアイコンがパターンブラシです。


アイコンをダブルクリック

他のブラシと同様に、アイコンをダブルクリックすることで編集できます。

絵筆ブラシ

絵筆ブラシ

絵筆ブラシは筆で描いたような線を引けるブラシです。
パターンブラシの下にあり、左に筆のマークがあるアイコンが絵筆ブラシです。


アイコンをダブルクリック

他のブラシと同様に、アイコンをダブルクリックすることで編集できます。


ブラシの追加方法

Illustratorでは、新たにブラシを追加することができます。
下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Illustrator|イラレでブラシを追加する方法

まとめ:ブラシの種類を理解しよう

Illustratorのブラシには種類があり、使い方も微妙に違うため注意が必要です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。