Illustrator(イラレ)画像トレースしてパス化するには?方法やコツを解説!

Illustratorの画像トレースを使えば、画像をパスに変更することができます。
今回の記事では、画像トレースを使って画像をパス化する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

画像トレースとは

画像トレース

画像トレースとは、JPEGやPNGといった画像をパスに変化させる機能です。
合成写真を作成するときや、手描きで作成したイラストをIllustratorで修正したいときなどに使用します。

画像トレースの手順

ここでは、画像トレースを使って画像をパス化する方法について紹介します。

オブジェクト>画像トレース>作成をクリック

画像トレース>作成

画像を用意した状態で、画面上部のメニューからオブジェクト>画像トレース>作成をクリックします。


画像が白黒

画像が白黒になります。
次に画像トレースパネルを開いて調整しましょう。

画像トレースパネルで調整

画像トレースを選択

画面上部のメニューからウィンドウ>画像トレースを選択します。


写真(高精度)

プリセットの内容を「写真(高精度)」に変更します。
写真がカラーに戻りました。

パスを拡張する

画像トレース>拡張

最後に画面上部のメニューからオブジェクト>画像トレース>拡張を選択します。


画像をパス化

これで、画像をパス化することができました。

画像トレースパネルの調整項目

ここでは、画像トレースパネルの調整項目を紹介します。
画像トレースを丁寧に行いたい方はぜひご覧ください。

プリセット

プリセット

あらかじめIllustratorに保存されているプリセット(設定内容)を選べます。
自分で細かく設定しなくても、よく使われる設定をクリック一つで適用できるので非常に便利です。
また、右側の「≡」のようなアイコンをクリックすれば、自分で設定した内容をプリセットとして登録できます。

表示

表示

オブジェクトの表示を変更できます。
元の画像を表示したり、アウトラインのみを表示することなどができます。

カラーモード

画像のカラーモードを変更できます。
カラー、グレースケール、白黒から選択できます。

パレット

パレット

カラーモードをカラーかグレースケールにしていれば編集できる項目です。
トレースする色の数を指定することができます。

下記からは「詳細」をクリックすると、出てくる項目を紹介します。

パス

パス

画像をトレースする精度を調整できます。
数値を高くするほど精度が高まります。

コーナー

コーナー

パスの曲線部分の精度を調整できます。
数値を高くするほど精度が高まります。

ノイズ

ノイズ

トレースした画像のノイズを除去できます。

方式

方式

左側が隣接で、右側が重なりです。
隣接は、切り抜かれたパスが作成されます。
重なりは、隣同士が重なったアウトラインが作成されます。

作成

作成

左側が塗りで、右側が線です。
塗りは画像の塗り部分をトレース結果に反映して、線は画像の線部分をトレース結果に反映します。

オプション

オプション

2つのオプションを設定できます。
「曲線を直線にスナップ」にチェックをいれると、わずかに曲がった曲線を直線として扱います。
「ホワイトを無視」にチェックを入れると、画像の白い塗りを透明にしてトレースします。

画像トレースのコツ

最後に画像トレースをする際のコツについて紹介します。

トレースの前にラスタライズする

トレースをする前に画像をラスタライズしておくと、画像ファイルが軽くなるためトレースにかかる時間が若干短くなります。

ラスタライズ

画面上部のメニューから効果>ラスタライズを選択すると、画像をラスタライズできます。

ラスタライズについては下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

【Illustrator】ラスタライズとは?イラレで行う手順や目的を解説!

画像のコントラストを高くする

コントラスト

画像のコントラストを高くしておけば、トレースした時にパスがくっきりと綺麗になります。
Illustratorでは、画像のコントラストを調整できないのでPhotoshopを使って調整するとよいでしょう。

パスを単純化

パスを単純化すれば、トレースしたパスの曲線部分が滑らかになります。

単純化

画面上部のメニューからオブジェクト>パス>単純化を選択して調整しましょう。


まとめ:イラストを読み込むときに便利

トレースは作成したイラストをパソコンに読み込んで編集したいときなどに便利です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。