Illustrator(イラストレーター)ではみ出た部分を消す方法3選

Illustratorで作業している時に、オブジェクトがアートボードからはみ出ることはありませんか。
はみ出ていたり余分な部分を削除する方法は、主に3つあります。
今回の記事では、Illustratorではみ出た部分を消す方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

はみ出た部分を消すには以下の3つの方法があります。

  • クリッピングマスク
  • パスファインダー
  • はさみツール

クリッピングマスクを使う

はみ出た部分を消す際によく使われるのがクリッピングマスクです。
ここでは、クリッピングマスクを使った削除方法を紹介します。

クリッピングマスクで消す手順

クリッピングマスク

上記のようにアートボードからはみ出た部分を消します。


長方形を作成

まず、アートボードと同じ大きさの長方形を作成します。


オブジェクトを選択状態

次に、作成した長方形と消したいオブジェクトを選択状態にします。


クリッピングマスクを作成

画面上部のメニューからオブジェクト>クリッピングマスク>作成を選択してください。


はみ出た部分を消すことができた

これで、はみ出た部分を消すことができました。
クリッピングマスクの使い方や応用テクニックなどは、下記の記事で詳しく紹介しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

クリッピングマスク Illustrator|クリッピングマスクの使い方や応用テク

クリッピングマスクのポイント

クリッピングマスクではみ出た部分を消すときのメリットやデメリットなどのポイントを紹介します。
具体的には下記の通りです。

  • 手順が一番楽で簡単
  • やり直しが簡単にできる
  • 完全に削除されるわけではなくクリップグループとして残る

パスファインダーを使う

パスファインダー

次にパスファインダーを使った方法を紹介します。

パスファインダーで消す手順

長方形を作成

クリッピングマスクと同じように、長方形を作成します。


レイヤーを配置

作成した後、はみ出た部分を消したいオブジェクトの下にレイヤーを配置してください。


パスファインダーを選択

作成した長方形と消したいオブジェクトを選択状態にして、画面上部のメニューからウィンドウ>パスファインダーを選択して、パスファインダーのパネルを開きます。


交差

パスファインダーの「交差」を選択すれば、はみ出た部分を消せます。

パスファインダーのポイント

パスファインダーではみ出た部分を消すときのメリットやデメリットなどのポイントを紹介します。
具体的には下記の通りです。

  • パスとして作成される
  • 写真や複雑なオブジェクトは切り抜きできない
  • やり直しするのが難しい

はさみツールを使う

はさみツール

はみ出た部分を消すには、はさみツールを使う方法もあります。
ここでは、はさみツールを使ってはみ出た部分を消す方法を紹介します。

はさみツールで消す手順

はさみツールを選択

ツールバーからはさみツールを選択します。


切り取りたい部分をクリック

切り取りたい部分を画像のようにクリックすれば、はさみで切れたようにその部分が分断できます。
これではみ出した部分を消すことができます。


パスを連結

切り取った部分は、パスが繋がっていない状態なのでもう一度切り抜きたい場合はパスを連結させてから実行しましょう。

はさみツールのポイント

はさみツールではみ出た部分を消すときのメリットやデメリットなどのポイントを紹介します。
具体的には下記の通りです。

  • パスとして作成される
  • 手動で消す部分を調整できる
  • 他のツールより時間がかかる

おまけ:書き出し設定を変更する

最後に、書き出し設定を変更してはみ出た部分を消す方法を紹介します。

アートボードごとに作成

書き出しをする際に、「アートボードごとに作成」の部分にチェックを入れます。


書き出し

これで、オブジェクトを切り取らずにはみ出た部分を消した状態で書き出しできます。


まとめ:ツールごとに使い分けよう

基本的にはみ出た部分を消す際にはクリッピングマスクがよく使われます。
他の方法にも、それぞれメリットがあるので状況によって使い分けるとよいでしょう。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。