【Illustrator】イラレのグループ化やグループ解除の方法

Illustratorでは、オブジェクト同士をまとめて一つのグループにすることができます。
今回の記事では、Illustratorのグループ化の方法や編集の仕方、グループ解除、注意点などを紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説してますので興味のある方はぜひご覧ください。

グループ化の方法

次に、グループ化をする手順やショートカットキーについて紹介します。

グループ化の手順

全て選択状態

まずは、一つのグループにしたいオブジェクトを全て選択状態にします。


グループを選択

次に画面上部のメニューからオブジェクト>グループを選択します。


グループ化

これでグループ化されました。
レイヤーパネルで、画像のように表示されていれば成功です。

グループ化のショートカットキー

グループ化をする時は、ショートカットキーを使うと便利です。
グループにしたいオブジェクトを、全て選択状態にして下記のショートカットキーを押してください。

  • Windows・・・Ctrl+G
  • Mac・・・Command+G

グループ解除の方法

ここでは、グループを解除する方法について紹介します。

グループ解除の手順

グループ解除

グループ化したオブジェクトを選択した状態で、画面上部のメニューからオブジェクト>グループ解除を選択します。
これでグループを解除することができます。

グループ解除のショートカットキー

グループを解除するショートカットキーもあります。
グループ化したオブジェクトを選択状態にして下記のショートカットキーを押してください。

  • Windows・・・Ctrl+Shift+G
  • Mac・・・Command+Shift+G

グループ化したオブジェクトを編集する方法

ここでは、グループ化したオブジェクトを編集する方法について紹介します。

グループ選択ツールを使う

グループ選択ツール

グループ選択ツールを使うことで、グループ化したオブジェクトを編集できます。


クリック

1回クリックすると、クリックしたオブジェクトのみを編集できます。
2回クリックすると、グループ全体を編集できます。

グループ編集モード

グループ編集モードでは、グループを疑似的に解除した状態でグループ内のオブジェクトを編集できるモードです。

グループ編集モード

選択ツールでグループ化したオブジェクトをダブルクリックすると、画像のような画面になります。
左上に<グループ>と表示されている状態がグループ編集モードです。


編集

グループ化が解除された状態で、一つ一つのオブジェクトを編集できます。
グループ以外のオブジェクトは半透明になり、編集できません。


矢印

左上の矢印を押せばもとの編集モードに戻ります。


グループ化の注意点

最後にグループ化をする際の注意点について紹介します。

別のレイヤーのオブジェクトはグループ化できない

別々のレイヤーのオブジェクトを合わせてグループ化することはできません。
グループ化したい場合は、一つのレイヤーにオブジェクトを配置しましょう。

グループ内のオブジェクトをコピーする時は注意

グループ内のオブジェクトを、Alt(option)キーを押しながらドラッグ&ドロップしてコピーすると、そのオブジェクトも同じグループとして扱われるので注意しましょう。

直線をコピー

例えば、画像のように直線をコピーして配置します。


赤枠の部分

しかし、実際には赤枠の部分が一緒のグループになっています。
コピーする時は、Ctrl(Command)+Vで貼り付けるようにしましょう。

グループ解除すると効果も消える

グループを解除するとそのグループに付けていた効果も消えます。

グループ解除すれば削除される

例えば、画像のようにドロップシャドウをかけていても、グループ解除すれば削除されます。


まとめ:使いこなせばとても便利

グループ化は使いこなせば編集する時にとても便利です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトではIllustratorやPremiere ProなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工やデザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。