Illustrator|クリッピングマスクの使い方や応用テク

クリッピングマスク

Illustratorのクリッピングマスクを使えば、画像をトリミングしたり文字の形に切り抜きすることが可能です。
この記事では、Adobe Illustratorのクリッピングマスク機能の使い方や応用例を複数紹介します。
初心者にも分かりやすいように解説しておりますので、デザイナーやイラストレーターを目指している方はぜひチェックしてみてください。

クリッピングマスクの作成手順

まずは、基本のクリッピングマスクの作成方法を紹介します。
簡単にできるので、ぜひチェックしてください。

写真を用意

上記の画像のように、クリッピングマスクを使用する写真を用意します。
その上に、長方形ツールや楕円形ツールを使ってオブジェクトを作成してください。
(オブジェクトの色は何色でも構いません)


写真とオブジェクトを選択状態

次に写真とオブジェクトを選択状態にします。
選択ツールでShiftキーを押しながらクリックすると2つのオブジェクトを選択状態にできます。
その状態で、画面上部のメニューからオブジェクト>クリッピングマスク>作成をクリックします。


クリッピングマスクの作成が完了

クリッピングマスクの作成が完了しました。
黄緑色のオブジェクトの形に写真が切り抜きされています。
次のステップではこの状態から大きさなどを調整する方法について紹介します。


作成したクリッピングマスクの編集方法

ここでは、クリッピングマスクの編集方法を紹介します。
クリッピングマスクは、失敗しても一からやり直さずに編集可能なので便利です。
今回はクリッピングマスクの形や大きさを調整する方法・切り抜きした写真の位置を調整する方法・写真の大きさを調整する方法について解説していきます。

形や大きさを調整

形や大きさを調整

クリッピングマスクの形を画像のように変更させます。


クリックして選択状態

まずは、選択ツールで画像をクリックして選択状態にします。


アンカーポイントをクリック

次に、ツールバーからダイレクト選択ツールに持ち替えて、アンカーポイントをクリックします。


アンカーポイントを移動

アンカーポイントを移動させれば、形を変更できます。

写真の位置を調整

写真の位置を調整

上記の画像のように、写真の位置を移動させる方法について紹介します。


ダイレクト選択ツールを選択

ツールバーからダイレクト選択ツールを選択して、写真をクリックします。
すると、写真の外側に選択状態を表す枠線が表示されます。
これは、クリッピングマスクする前の写真の大きさです。


位置を調整

この状態でダイレクト選択ツールを使いながら写真を動かせば、位置を調整できます。

写真の大きさを調整

写真の大きさを調整

最後に、上記の画像のように写真そのものの大きさを調整する方法について紹介します。


画像をクリック

まずは、ダイレクト選択ツールで画像をクリックします。


画像の大きさを編集

次に選択ツールに持ち替えれば、画像の大きさを編集できるようになります。


クリッピングマスクの解除の仕方

クリッピングマスクを解除する方法について紹介します。

クリッピングマスクの解除

選択ツールで画像をクリックして選択状態にします。
そして、画面上部のメニューからオブジェクト>クリッピングマスク>解除を選択します。


クリッピングマスクが解除される

クリッピングマスクが解除されました。
作成した長方形は塗りがなしの状態になりますが、パスは存在するので必要ない時は削除しましょう。
次のステップからはクリッピングマスクを使った応用方法について紹介します。


応用①:文字をクリッピングマスクする

文字をクリッピングマスクする

文字の形でクリッピングマスクを適用する方法について紹介します。


テキストを入力

まずは、テキストを入力します。
太いフォントの方が写真が分かりやすいのでおすすめです。


作成をクリック

画像と文字を選択状態にして、画面上部のメニューからオブジェクト>クリッピングマスク>作成をクリックします。


クリッピングマスクが作成

文字の形にクリッピングマスクが作成されました。
最後に文字をアウトライン化させます。


アウトラインを作成

文字を選択状態にして、画面上部のメニューから書式>アウトラインを作成をクリックします。


アウトライン化

アウトライン化することができました。


なぜアウトライン化する必要があるのか?
文字の形を変更できる

アウトラインを作成すると、画像のようにダイレクト選択ツールを使って文字の形を変更させることができます。
この他にも大きさや位置を調整するのに何かと便利なので、アウトライン化させておくことをおすすめします。
また、アウトライン化させるメリットや注意点については下記の記事で詳しく紹介しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

Illustrator(イラレ)で文字をアウトライン化する方法、注意点、理由など

応用②:境界線をぼかす

境界線をぼかす

画像のように写真の境界線がぼやけたクリッピングマスクの作成方法を紹介します。


クリッピングマスクを作成

まずは、通常のクリッピングマスクを作成してください。
今回は丸いクリッピングマスクを作成しました。


ぼかしをクリック

画面上部のメニューから効果>スタイライズ>ぼかしをクリックします。


ぼかしを設定

ぼかしのパネルが開き、境界線をぼかすことができます。
プレビューを確認しながら、ぼかしを設定していきましょう。


OKボタンをクリック

OKボタンをクリックすれば完了です。


応用③:透明グラデーションを作成

透明グラデーションを作成

画像のように透明グラデーションで作成する方法について紹介します。


長方形を配置

まずは、塗りを白と黒のグラデーションにして長方形を配置します。


透明パネルを開く

長方形と写真を選択状態にして、透明パネルを開きます。


不透明マスクを作成

三本線をクリックして「不透明マスクを作成」をクリックします。


透明グラデーションを作成

透明グラデーションを作成できました。


応用④:クリッピングマスクを反転させる

クリッピングマスクを反転させる

最後に、画像のようにクリッピングマスクを反転させる方法を紹介します。


長方形を2つ作成

まずは、画像のように長方形を2つ作成します。
(作成する図形は何でもいいです)


複合パスを作成

作成した長方形2つを選択状態にして、画面上部のメニューからオブジェクト>複合パス>作成を選択します。


複合パスが作成される

内側が何もない複合パスが作成されました。


クリッピングマスクを作成

後は、前で紹介した内容と同様に、複合パスと画像を選択状態にして、クリッピングマスクを作成すれば完了です。


まとめ:クリッピングマスクを使いこなそう

クリッピングマスク機能は、ポスターやフライヤーを作成する際によく利用されるテクニックです。
使いこなせば、かなりクオリティの高いデザインを制作できるようになるので、ぜひ色々実践してみてください。

また、当サイトでは2020年からPhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の使い方やデザインに関する情報を多く公開しております。
Adobeソフトやデザインの知識に興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。