Premiere Pro(プレミアプロ)|パネルをドッキングさせる方法

Premiere Proのワークスペースを編集する時に、パネルをドッキングさせることもあるでしょう。
今回の記事では、Premiere Proでパネルをドッキングさせる方法などを説明します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

ドッキングはドラッグ&ドロップでできる

パネルをドッキングさせる方法は簡単です。

ドラッグ&ドロップ

ドッキングさせたいパネルをクリックしたまま、移動させたい場所にドラッグ&ドロップします。
移動させたい場所の名前が青くなっている状態で、ドラッグアンドドロップしましょう。


ドッキングさせることが可能

すると、画像のようにドッキングさせることが可能です。


パネルのドッキングを解除する方法

独立したウィンドウ

パネルのドッキングを解除して、画像のように独立したウィンドウにすることも可能です。


パネルのドッキングを解除

パネルのドッキングを解除させるには、パネル名の横の「≡」をクリックして「パネルのドッキングを解除」を選択します。


ドッキングを解除

これで、パネルのドッキングを解除することができます。


ドラッグ&ドロップ

解除したパネルを元に戻したい時は、パネルの名前の部分をクリックしてドッキングさせたい場所にドラッグ&ドロップしましょう。


間違ってパネルがバラバラになってしまった場合

パネルを編集しているうちに、バラバラになってしまい元に戻したいと思うこともあるのではないでしょうか。
そんな時に使える方法を紹介します。

保存したレイアウトにリセット

画面上部のメニューからウィンドウ>ワークスペース>保存したレイアウトにリセットを選択します。
これで、ワークスペースを元に戻すことができます。


まとめ:使いやすいように編集しよう

ワークスペースを自分の使いやすいようにカスタマイズすれば、作業効率も上がります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。