【Premiere Pro】トランジションを作成してみよう

今回の記事では、Premiere Proでトランジションを作成する方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

トランジションとは?

トランジションとは、動画のカットとカットの間に差し込まれるエフェクトのことです。
例を挙げると、以下のようなものが挙げられます。


このように、カットとカットのつなぎ目を印象的にすることができます。


トランジションの例:クロスディゾルブを追加してみよう

ここでは、トランジションの例としてクロスディゾルブを追加してみましょう。
クロスディゾルブは下記の動画のように、画面が透明になり切り替わります。

素材を配置

動画素材を配置

まずは、タイムラインパネルに動画素材を配置しましょう。
画像のように2つのクリップを並べてください。

エフェクトパネルからクロスディゾルブを検索

次にエフェクトパネルからクロスディゾルブを検索します。

エフェクトを選択

画面上部のメニューからウィンドウ>エフェクトを選択します。


クロスディゾルブ

エフェクトパネルが開くので、検索窓に「クロスディゾルブ」と入力してください。


クロスディゾルブが表示

検索結果にクロスディゾルブが表示されます。

クリップに追加

エフェクトパネルから、クロスディゾルブをクリップに追加します。

ドラッグ&ドロップ

一つ目のクリップの右側にドラッグ&ドロップします。


これで完成です。


まとめ:色々なトランジションを作ってみよう

Premiere Proでは、色々なトランジションを作成できます。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。