Premiere Pro(プレミアプロ)文字を徐々に表示させるアニメーション

今回は、Premiere Proで文字を徐々に表示させるアニメーションの作成方法を紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

下記のステップで作成していきます。

STEP.1
文字を入力する
STEP.2
エフェクトのクロップを追加
STEP.3
クロップの数値を調整

Step1文字を入力

文字を入力

まずは、文字を入力します。
文字ツールを使って好きな文字を入力しましょう。


Step2エフェクトのクロップを追加

クロップ

エフェクトパネルでクロップを検索します。
そして、文字のクリップにドラッグ&ドロップします。


クロップが追加

エフェクトコントロールパネルにクロップが追加されます。
ここで、文字が徐々に表示されるアニメーションを作成しましょう。


Step3クロップの数値を調整

クロップの数値を調整していきます。

「右」の時計マーク

「右」の時計マークをクリックしてキーフレームを追加します。
そして、文字が全て隠れるように数値を調整しましょう。
今回は、80%に調整しました。


タイムラインインジケーター

タイムラインインジケーターを進めて、もう一度キーフレームを追加しましょう。
そして、数値を0%に調整します。


これで、徐々に表示されるアニメーションが作成できました。


おまけ:速度を調整してみよう

アニメーションの速度を調整

「右」の項目を開くと、アニメーションの速度を調整できます。
グラフの放物線をいじってみましょう。


アニメーションの速度が表示されます。


文字にかっこいいエフェクトを追加する方法

文字を徐々に表示させる方法について紹介しました。
Premiere Proではテンプレートを使うことで、テキストにかっこいいエフェクトを簡単に追加することができます。

ここでは、簡単かつスピーディーに追加できるかっこいいエフェクトのテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Text Typewriter with cursor

Text Typewriter with cursor

タイプライターのようなシンプルなテンプレートです。
シンプルがゆえに汎用性が高く、様々な映像で違和感なく使用できます。
値段も1,170円とテンプレートの中ではお手ごろなので、是非チェックしてみてください。

Text Typewriter with cursorをチェック

テキスト追従アニメーションテロップ10種

テキスト追従アニメーションテロップ10種

可愛くて、様々な映像に使っても違和感の出にくいテロップアニメーションのテンプレートです。
エッセンシャルグラフィックスパネルを使うことで、色やフォントを自由に調整することも可能です。
使えるデザインは10種類とバリエーションも豊富なので、コスパも最高なテンプレートだといえます。

テキスト追従アニメーションテロップ10種をチェック

SNSニュースメディア風テロップ

SNSニュースメディア風テロップ

ニュース風メディアのテロップアニメーションが使えるテンプレートです。
色やフォント、文字間隔、テキストボックスの縦横比など自在にカスタマイズ可能なのがこのテンプレートの特徴です。
シンプルなので様々な映像と相性がよく、微調整することでオリジナリティも出せるようになっています。

SNSニュースメディア風テロップをチェック


まとめ:After Effectsでも作成可能

テキストのアニメーションは、After Effectsでも作成可能です。
ぜひPremiere ProとAfter Effectsの両方を使いこなして制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。