Premiere Pro(プレミアプロ)文字の形で切り抜きする方法

Premiere Proでは、画像や動画を文字の形で切り抜くことができます。

今回の記事では、動画のように文字の形に切り抜く方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

クリップを重ねて配置

まずは、カラーマット、動画素材、文字のクリップを重ねます。

動画素材を配置

動画素材を配置

動画素材をPremiere Proに読み込んで、タイムラインパネルに配置します。

カラーマットを配置

次にカラーマットを配置します。

カラーマットを選択

画面上部のメニューからファイル>新規>カラーマットを選択します。


大きさや色を設定

大きさや色を設定します。
ここで設定する色が動画の背景色になります。
今回は青に設定しました。


タイムラインパネルに配置

プロジェクトパネルにカラーマットが追加されるので、タイムラインパネルに配置します。
先ほど追加した動画素材の下に配置しましょう。

文字を配置

最後に文字を配置します。

好きな文字を入力

文字ツールを使って、プログラムモニターパネルをクリックして好きな文字を入力します。


トラックマットキーを適用

動画素材にトラックマットキーを適用します。

トラックマットキー

エフェクトパネルを開いて、検索窓に「トラックマットキー」と入力します。
そして、最初に追加した動画素材のクリップにドラッグ&ドロップします。


エフェクトコントロールパネル

動画素材のクリップを選択した状態で、エフェクトコントロールパネルを開きます。
すると、トラックマットキーの項目が追加されているので、マットを「なし」から「ビデオ3」に変更しましょう。
これで、完成です。


アニメーションをつけることも可能

動画のように、文字にアニメーションを追加することも可能です。
アニメーションの追加の仕方は、下記の記事で詳しく紹介しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

Premiere Pro(プレミアプロ)|画像を動画内で動かすアニメーションの方法を紹介

まとめ:慣れれば3分で作成可能

今回紹介した内容は、手順を覚えれば3分で作成可能です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。