Premiere Pro(プレミアプロ)|画像を動画内で動かすアニメーションの方法を紹介

Premiere Proでは、動画をカットして繋げる他にも写真が動くアニメーションを作成したり、シェイプを動かすモーショングラフィックスを作ることもできます。
今回は、Adobe Premiere Proで画像を動かす方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように解説しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

以下が具体的な作業内容です。

STEP.1
画像を挿入する
画像をタイムラインに挿入します
STEP.2
エフェクトコントロールを確認
エフェクトコントロールを開き、どの要素を動かすのか確認します
STEP.3
キーフレームの設定
どのように画像を動かすかキーフレームを設定します

画像を挿入

まずは、タイムラインに画像を挿入します。
画像を挿入

ファイルからプロジェクトに背景となる画像と動かす画像を挿入します。


画像を挿入

次に、画像素材をタイムラインパネルのシーケンスに配置します。
このままだと男性の画像が大きすぎるので、サイズを変更します。


画像を挿入

画面上部のメニューからウィンドウ>エフェクトコントロールを開きます。
画面の左上にエフェクトコントロールのパネルが表示されます。


画像を挿入

選択ツールでタイムラインの男性の画像のクリップを選択状態にして、エフェクトコントロールパネルのモーションをクリックします。
すると、男性の画像の大きさを変更できるので、以下と同じくらいの大きさに変更しましょう。


画像を挿入

これで準備は完了です。
次にエフェクトコントロールを確認します。


エフェクトコントロールを確認

先ほど男性の画像のサイズを調整するために開いたのがエフェクトコントロールです。

エフェクトコントロール

モーションを開くと上の画像のようにいろいろな設定をすることができます。
以下がモーションで編集できる項目です。

  • 位置・・・画像の位置を移動できます。
  • スケール・・・画像を拡大したり縮小できます。
  • 回転・・・アンカーポイントを中心に回転させることができます。
  • アンカーポイント・・・アンカーポイントの位置を調整できます。
  • アンチフリッカー・・・蛍光灯などのチカチカ(フリッカー)を除去できます。

これらの項目を使って次はキーフレームを設定していきます。


キーフレームの設定

いよいよキーフレームを追加していきます。
今回は上記のように画像を移動させてみましょう。

位置の調整

まずは、位置を調整します。
位置の調整

0秒の部分にキーフレームを打ちます。


位置の調整

次にカーソルを2秒の部分に合わせます。
そして、位置の値(左の方)を大きくします。
すると画像が右に移動します。
今回は2390に設定しました。


位置の調整

最後にカーソルを4秒の部分に合わせます。
そして、位置の値(左右両方)を大きくします。
今回は左を3000、右を50に設定しました。

これで、位置の調整が完了しました。

スケールを調整

次にスケールを調整していきます。
スケールを調整

カーソルを2秒の部分に合わせキーフレームを打ちます。
値は変更しなくて大丈夫です。


スケールを調整

次にカーソルを4秒の部分に合わせます。
スケールの値を0に設定してください。

これで、スケールの調整は完了です。

回転を調整

最後に回転の調整をしていきます。
回転を調整

カーソルを2秒の部分に合わせキーフレームを打ちます。
値は変更しなくて大丈夫です。
次にカーソルを4秒の部分に合わせます。
回転の値を20×0.0°に設定してください。

これで、完成です。


まとめ:簡単にすぐできる!

画像の動かし方はPremiere Proでも簡単にできます。
以下が今回のまとめです。

  • エフェクトコントロールのモーションで動きを調整できる
  • 位置で画像の位置を移動できる
  • スケールで画像の大きさを変更できる
  • 回転でアンカーポイントを中心に回転させることができる
  • キーフレームを打つことで画像に動きを加えられる

また、もっと複雑な動きを作りたいときは、Premiere ProではなくAfter Effectsの方が適している場合もあります。
当サイトではPremiere ProやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の機能やテクニックをチュートリアル的な形式で解説しております。
Adobeソフトや写真加工、動画編集に関する情報に興味のある方は他の記事もぜひご覧ください。