Premiere Pro(プレミアプロ)ぼかしの使い方や追従させる方法

Premiere Proでは、ぼかしを追加して動いている物体に追従させることができます。
今回の記事では、ぼかしの追加方法や編集方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

ぼかしの追加方法

まずは、映像にぼかしを追加する方法について紹介します。

ドラッグ&ドロップ

エフェクトパネルで「ブラー (ガウス)」と検索して、動画のクリップにドラッグ&ドロップします。


ブラー (ガウス)

これで、ブラー (ガウス)が追加されます。
エフェクトコントロールパネルで使用できます。
ブラーの値を調整すれば、ぼかしの強さを調整できます。


ぼかしを一部に追加する方法

ここでは、映像を一部分だけぼかす方法を紹介します。

楕円形マスク

ぼかす部分は、「楕円形マスク」、「長方形マスク」、「ペンマスク(自由な形)」から選択できます。
今回は、楕円形マスクを使ってみます。


プログラムモニターパネル

「楕円形マスクの作成」をクリックすれば、プログラムモニターパネルに楕円形のマスクが作成され、ぼかしを部分的にできます。


形や大きさを調整

動かして形や大きさを調整しましょう。


ぼかしの部分を反転

反転をクリックすると、ぼかしの部分を反転させることができます。


ぼかしを追従させる方法

最後にぼかしを追従させる方法について紹介します。


選択したマスクを順方向にトラック

エフェクトコントロールパネルから「選択したマスクを順方向にトラック」をクリックします。


キーフレームが追加

すると、1フレームごとにキーフレームが追加され、自動でぼかしを追従してくれます。


タイムラインインジケーターを移動

途中でモザイクがずれてしまう場合は、ずれ始める部分にタイムラインインジケーターを移動させ、プログラムモニターパネルで直接モザイクの位置を調整しましょう。
かなり細かい作業になりますが、1フレームずつ丁寧にすれば仕上がりが良くなります。


かっこいいエフェクトを追加するには?

ぼかしの使い方について紹介しました。
この他にもPremiere Proでは、テンプレートを使うことでかっこいいエフェクトを作ることが可能です。

ここでは、おすすめのかっこいいエフェクトのテンプレートを3つ紹介します。
お手頃価格で購入可能ですので、是非チェックしてみてください。

Cyberpunk Glitch Transition V3

Cyberpunk Glitch Transition V3

画像がゲームやテレビでよく見る色ずれ(グリッチエフェクト)を起こしながら入れ替わるテンプレートです。
サイバーチックなアニメーションを表現でき、ゲーム実況や近未来間のある映像を作成したい人におすすめです。

Cyberpunk Glitch Transition V3をチェック

Glitch Mosaic – Text Preset

Glitch Mosaic - Text Preset

文字にグリッチエフェクトを追加できるテンプレートです。
エラー画面やバグった状態を表現したいときに使えます。
使い方も簡単で、テクストにドラッグ&ドロップするだけなので初心者にも優しいテンプレートです。

Glitch Mosaic – Text Presetをチェック

Mosaic Promo

Mosaic Promo

モザイクタイルの代わりに画像が表示されるテンプレートです。
使い方もドラッグ&ドロップするだけなので、すぐに編集できます。
オシャレなスライドショーやオープニング映像を作る時に最適です。

Mosaic Promoをチェック


まとめ:モザイクも同じ要領で作成可能

ぼかしだけでなく、モザイクも同じ要領で作成できます。
下記の記事で詳しく紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

Premiere Pro(プレミアプロ)モザイクの作成や追従させる方法

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。