Photoshop(フォトショップ)の被写体を選択|表示されない場合の対処法も紹介

Photoshopの機能に、被写体の選択範囲を自動で作成してくれる「被写体を選択」というものがあります。
今回は、Photoshopの被写体を選択の使い方や使えない場合の対処法について紹介します。
初心者の方に向けて、分かりやすいように解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

選択範囲>被写体を選択で使用できる

まずは、被写体を選択の基本的な使い方について紹介します。

被写体を選択

画面上部のメニューから選択範囲>被写体を選択を選択してください。


被写体を選択

これで、被写体を選択してくれます。
また、被写体を選択は特定のツールを選択していると、画面上部にメニューが表示されます。
次のステップで詳しく紹介していきます。


特定のツールを選択しているときにメニューが表示される

特定のツールを選択

特定のツールを選択していると、画像のように被写体を選択のボタンが表示されます。
主に下記のツールを選択していれば表示されます。

  • オブジェクト選択ツール
  • クイック選択ツール
  • 自動選択ツール

被写体を選択が使えない場合

ここでは、被写体を選択が上手く使えないときの原因と対処法について紹介していきます。

特定のツールを選択していないため

上記で説明した通り、特定のツールを選択していないと被写体を選択のメニューは表示されません。
オブジェクト選択ツール、クイック選択ツール、自動選択ツールのいずれかを選択しましょう。

選択しているレイヤーが違う

選択しているレイヤーが違う

例えば、画像のように空のレイヤーを選択状態にして被写体を選択を使用すると画像のようにエラーメッセージが出てきます。
選択範囲を作成したい画像がどのレイヤーにあるのか確認してみましょう。

画像が複雑すぎる

背景にぼかしがきいてなかったり、写っているものが多すぎると上手く選択範囲を作成できないことがあります。
被写体を選択で上手くいかない場合は、クイック選択ツールなど他のツールを試してみるとよいでしょう。

細かい部分まで選択できない場合

被写体を選択を使って選択範囲を作成すると、髪の毛の先など細かい部分が選択できないこともあります。
そんな時は、「選択とマスク」を使ってみることをおすすめします。
「選択とマスク」の使い方については、下記の記事詳しく紹介しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

Photoshop|選択とマスクの使い方や切り抜き方法をじっくり解説します!

まとめ:すぐに選択範囲が作成できて便利

被写体を選択はすぐに選択範囲が作成できるので、非常に重宝します。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。