Photoshopで選択範囲が削除されない場合の原因と対処法

Photoshopで選択範囲内が削除できないことや、選択範囲を解除できないことはありませんか。
今回の記事では、選択範囲内を削除できない場合や選択範囲を解除できない場合の対処法について紹介します。
初心者の方に向けて、簡単に紹介しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

選択範囲内を削除できない場合

まずは、選択範囲内を削除できない場合の対処法について紹介します。
選択範囲内を削除できない原因は、以下のようなものが考えられます。

  • レイヤーが背景になっている
  • レイヤーがロックされている
  • スマートオブジェクトになっている
  • 選択するレイヤーを間違えている

それでは、それぞれの解決方法を見ていきましょう。

レイヤーが背景になっている

レイヤーが背景となっている

画像のようにレイヤーが背景となっている場合は、選択範囲内を削除することができません。


鍵のマークをクリック

鍵のマークをクリックすれば、画像のように「レイヤー0」となります。
これで、選択範囲内を削除することができます。

レイヤーがロックされている

レイヤーがロックされている

画像のようにレイヤーに鍵のマークがついていると、レイヤーがーロックされています。
レイヤーがロックされていると、背景になっているときと同様に選択範囲内を削除することができません。
鍵のマークをクリックして、レイヤーのロックを解除しましょう。

スマートオブジェクトになっている

スマートオブジェクト

レイヤーのアイコンに画像のようなマークがついていると、レイヤーがスマートオブジェクトになっています。
スマートオブジェクトになっていると、選択範囲内の削除だけでなく塗りつぶしやブラシで塗ることもできません。


レイヤーをラスタライズ

元のレイヤーに戻すには、レイヤーを右クリックして「レイヤーをラスタライズ」を選択してください。
これで、選択範囲内を削除することができます。

選択するレイヤーを間違えている

選択するレイヤーを間違えている

画像のようにレイヤーが複数ある場合、選択状態になっているレイヤーの中身が削除されます。
自分の削除したい画像が、どのレイヤーに入っているのか確認しましょう。


選択範囲を解除できない場合

もし、選択範囲を解除したいのにできない場合は、画面上部の設定を確認してみましょう。

新規選択

赤枠の「新規選択」を使用していないと上手く選択範囲を解除できないことがあります。


選択範囲に追加

例えば、「新規選択」の隣の「選択範囲に追加」を使用すると画像のように選択範囲が解除されずに増えてしまいます。
選択範囲を解除したいときは、「新規選択」を使用しましょう。


まとめ:選択範囲を上手く使おう

Webデザインやポスターのデザインでは選択範囲を使用してレイアウトを作ることがあります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。