Photoshop(フォトショップ)で選択範囲を拡大・縮小できない?やり方を紹介!

Photoshopでは選択範囲を拡大・縮小することができます。
しかし、方法を知っていないと上手くいかないことも多いです。
今回の記事では、Photoshopで選択範囲を拡大・縮小する方法について紹介します。
初心者の方に向けて、簡単に紹介しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

選択範囲ごと拡大・縮小する方法

まずは、画像のように選択範囲の中ごと拡大・縮小する方法について紹介します。


ショートカットキー

選択範囲を作成した状態で、ショートカットキーのCtrl+Tを押してください。
すると、画像のように選択範囲にバウンディングボックスが表示されます。


拡大・縮小

これで、画像を選択範囲の中ごと拡大・縮小することができます。


バウンディングボックスを解除

Enterキーを押してバウンディングボックスを解除すれば完了です。
選択範囲の境界線も拡大・縮小されます。


境界線のみ拡大・縮小する方法

境界線のみ拡大・縮小する

ここでは、境界線のみ拡大・縮小する方法について紹介します。


選択範囲を変形

選択範囲を作成した状態で、画面上部のメニューから選択範囲>選択範囲を変形を選択します。


境界線のみ拡大・縮小することができる

すると、選択範囲の境界線にバウンディングが表示されます。
これで、境界線のみ拡大・縮小することができます。


バウンディングボックスを解除すれば完了

Enterキーを押してバウンディングボックスを解除すれば完了です。


まとめ:細かい使い方までマスターしよう

Photoshopの細かい使い方までマスターしておくと、いちいち検索しなくてもよくなるので作業効率が上がります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。