Photoshop|選択範囲の塗りつぶしができないときの対処法

Photoshopで、選択範囲を塗りつぶしができないことはありませんか。
今回は、選択範囲を塗りつぶすことができない時の対処法や原因について紹介します。
初心者の方に向けて、簡単に紹介しておりますのでぜひご覧ください。

ショートカットキーを使ってみる

塗りつぶしツールが使えないときは、塗りつぶしのショートカットキーを使ってみましょう。

塗りつぶしのショートカットキーはShift+F5です。


新規レイヤーを作成して塗りつぶしてみる

新規レイヤーを作成

画像のように、直接画像に塗りつぶしツールを使うとガタガタになります。
そんな時は、新規レイヤーを作成してそのレイヤーに塗りつぶしツールを使用しましょう。

また、ここまで紹介した2つの対処法でも解決できない場合は以下の原因が考えられます。


原因①選択範囲外をクリックしている

一つ目が選択範囲外をクリックしていることです。
選択範囲を作成している時は、選択範囲の内側をクリックしないと塗りつぶしできないので注意してください。


原因②レイヤーがロックされている

ロック

画像のように、レイヤーに鍵のマークがついているとレイヤーがロックされています。
鍵のマークをクリックしてロックを解除しましょう。


原因③スマートオブジェクトになっている

レイヤーのアイコンに画像のようなマークがついていると、レイヤーがスマートオブジェクトになっています。


レイヤーをラスタライズ

レイヤーを右クリックして、「レイヤーをラスタライズ」を選択してください。
これで、塗りつぶしを行うことができます。


まとめ:塗りつぶしツールを上手く使おう

塗りつぶしツールは非常によく使うツールなので、上手く使いこなせるようになりましょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。