Photoshopでスマートオブジェクトとは?解除や編集の方法

Photoshopでレイヤーをスマートオブジェクトにしたのはいいけど戻し方が分からない、という人はいませんか。
スマートオブジェクトを解除するには、ラスタライズする必要があります。
今回の記事では、スマートオブジェクトを解除する方法やそもそもスマートオブジェクト、ラスタライズとは何なのか、スマートオブジェクトはどんな時に使えるのかを紹介します。

スマートオブジェクトを解除するにはラスタライズする

結論から言うと、スマートオブジェクトを解除するにはラスタライズしましょう。

レイヤーをラスタライズ

スマートオブジェクトになっているレイヤーを右クリックします。
そして、「レイヤーをラスタライズ」を選択してください。


完了

レイヤーから、スマートオブジェクトのマークが消えていれば完了です。


そもそもスマートオブジェクト・ラスタライズとは?

ここでは、そもそもスマートオブジェクト・ラスタライズとは何なのか解説します。
スマートオブジェクトやラスタライズについて、使い方を詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

スマートオブジェクトとは

スマートオブジェクトは、PhotoshopやIllustratorで使われる画像形式の種類の一つです。
簡単に説明すると、「拡大・縮小しても、劣化しない画像データ」です。
メリット、デメリットは以下の通りです。

メリット

  • レイヤーを拡大・縮小、回転、ゆがみ、変形、遠近法、ワープなどで変形しても画像がガタガタになったりカクカクになったりしない
  • スマートオブジェクトに変換したファイルを複製して、元のファイルを編集すると複製したファイルにも編集が反映される

デメリット

  • ファイルサイズが重い
  • ベクター画像になるので、ブラシやぼかしなどを使用できない

ラスタライズとは

ラスタライズとは、「ベクトル画像」を「ビットマップ画像」に変換する機能のことです。
簡単に言うと、スマートオブジェクトを通常のレイヤー画像に変換することです。

ベクトル画像とは、点と線を数値化して、パソコンが計算して画面に表示する画像のことで、どれだけ拡大しても境界線がガタガタにならず滑らかになるのが特徴です。
スマートオブジェクトは、このベクトル画像に該当します。

ビットマップ画像とは点(ピクセル)の集まりで作成されている画像のことで、拡大するとガタガタになりますが、データが軽いのが特徴です。


スマートオブジェクトはどんな時に使える?

ここでは、スマートオブジェクトはどんな時に使用するべきか紹介します。

画像を拡大したり縮小するとき

画像を拡大したり縮小する

画像のように通常のレイヤーだと、拡大した時に画像がガタガタに劣化しますがスマートオブジェクトだとほぼ劣化せずに拡大できます。
画像を変形する際は、スマートオブジェクトにして編集するとよいでしょう。

複数の同じ画像を一度に編集したいとき

複数の同じ画像に同じ編集をしたい場合は、スマートオブジェクトがおすすめです。

円を複製

例えば、画像のようにスマートオブジェクトにした円を複製します。


元画像を編集

次に、スマートオブジェクトのレイヤーをダブルクリックして、元画像を編集します。


保存

試しに色調補正で、色を変更して保存しましょう。


複数の画像を一度に編集できる

すると、複製したスマートオブジェクトも同じ色に変更されます。このように、複数の画像を一度に編集できるというメリットがあります。


まとめ:スマートオブジェクトを使いこなそう

スマートオブジェクトは一見難しそうに見えますが、使いこなせばかなり便利です。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトではPhotoshopやAfter EffectsなどAdobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工やデザインに関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。