Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクとは?仕組みや使い方

Photoshopで画像を切り抜くときに便利なのがレイヤーマスクです。
今回の記事では、レイヤーマスクの使い方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

レイヤーマスクとは

レイヤーマスクとは

レイヤーマスクとは、画像の切り抜きをするときに使われる機能のことです。
レイヤーのアイコンの横に表示されます。
白い部分が表示されて、黒い部分は非表示になります。


半透明

グレーの部分は、画像のように半透明になります。

レイヤーマスクのメリット

レイヤーマスクは、画像を直接切り抜いたり消したりしないため、失敗してもレイヤーマスクを消去すれば、すぐにやり直せるというメリットがあります。

徐々に透明になる写真

また、白と黒のグラデーションを使用すれば徐々に透明になる写真を作成できます。

レイヤーマスクのデメリット

レイヤーマスクは便利ですが、使いすぎるとファイルデータが重くなるというデメリットがあります。
次のステップで紹介しますが、編集が完了したらレイヤーマスクを適用させるとよいでしょう。


レイヤーマスクの使い方

ここでは、レイヤーマスクの基本的な使い方を紹介します。

レイヤーマスクの追加方法

まずは、レイヤーマスクを追加する方法について紹介します。

レイヤーマスクを追加する方法

クイック選択ツールなどで選択範囲を作成します。


レイヤーマスクを追加

そして、レイヤーパネルの「レイヤーマスクを追加」をクリックすれば追加されます。

表示範囲の編集方法

白のブラシ

レイヤーマスクで表示される範囲を増やすには、白のブラシで塗ります。


黒のブラシ

逆に表示される範囲を減らすには、黒のブラシで塗ります。

表示範囲の移動方法

表示範囲の移動

画像のように表示される範囲を移動させることもできます。


リンクを解除

まず、鎖のアイコンをクリックしてレイヤーマスクのリンクを解除します。


画像をドラッグ

レイヤーマスクのアイコンを選択状態にして、移動ツールで画像をドラッグすると表示範囲が移動します。

境界線のぼかし方

境界線をぼかす

画像のように境界線をぼかすことも可能です。


アイコンをダブルクリック

レイヤーマスクのアイコンをダブルクリックします。


ぼかしの数値を調整

画面が切り替わります。
グローバル調整のぼかしという数値を調整すれば、境界線をぼかすことができます。

レイヤーマスクを適用させる

レイヤーマスクを複数使うと、ファイルデータが重くなります。
そんなときは、レイヤーマスクを適用させましょう。

レイヤーマスクを適用

レイヤーマスクのアイコンをクリックして、「レイヤーマスクを適用」をクリックします。


編集範囲が適用

レイヤーマスクが削除されて、編集範囲が適用されます。

レイヤーマスクを複製する方法

レイヤーマスクを複製

Altキー(Macの場合はoptionキー)を押しながらレイヤーマスクのアイコンをドラッグすると、画像のように複製することができます。


まとめ:合成写真を作りたいなら覚えておくべき

レイヤーマスクは画像の切り抜きをするときに、高い確率で使用します。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。