Photoshop(フォトショップ)で太陽や逆光など光エフェクトを作る

撮影した写真に、光のエフェクトを加えたいと思うことはありませんか。
今回の記事では、Photoshopで光のエフェクトを加える方法について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

フィルター>逆光で太陽の光を作成する方法

太陽の光

まずは、画像のように太陽の光を作成する方法について紹介します。

新規レイヤーを黒く塗りつぶし

黒く塗りつぶし

まずは、画像の上に新規レイヤーを作成します。
そして、塗りつぶしツールを使って黒く塗りつぶします。

フィルターから逆光を選択

フィルター>描画>逆光を選択

黒く塗りつぶしたレイヤーを選択した状態で、画面上部のメニューからフィルター>描画>逆光を選択します。


レンズを調整

逆光のパネルが開くので、光の位置や明るさ、レンズを調整します。

描画モードをスクリーンに変更

スクリーン

最後に描画モードをスクリーンに変更します。
これで、太陽の光を作成することができます。

さらにひと手間加えるには

ここでは、作成した太陽光にさらにひと手間加える方法を紹介します。

好きな色で塗りつぶし

新規レイヤーを作成して、好きな色で塗りつぶします。


オーバーレイに変更

そして、描画モードをオーバーレイに変更します。


クリッピングマスクを作成

レイヤーを右クリックして「クリッピングマスクを作成」を選択すれば、太陽光に色を加えることができます。


柔らかい斜光を作成する方法

柔らかい斜光

ここでは、柔らかい斜光の作り方について紹介します。

新規レイヤーに選択範囲を作成

選択範囲を作成

まずは、写真の上に新規レイヤーを作成して長方形の選択範囲を作成します。

白く塗りつぶして変形

白く塗りつぶして変形

選択範囲を白く塗りつぶします。


自由な形にを選択

選択範囲を解除して、画面上部のメニューから編集>変形>自由な形にを選択します。


光の形に変形

光の形に変形させます。
完了したらEnterキーを押しましょう。

ぼかしを加えて描画モードを変更

ぼかし(ガウス)

画面上部のメニューからフィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス)を選択します。


半径の値を調整

ぼかしのパネルが開くので、半径の値を調整しながらぼかしていきます。
完了したらOKボタンをクリックします。


ソフトライトに変更

最後に、描画モードをソフトライトに変更すれば完了です。
描画モードを変更すれば、様々な斜光が作れるのでぜひ試してみてください。


まとめ:描画モードが重要

描画モードを使うことで様々な光の表現が可能になります。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。