Camera Raw フィルターとは?Photoshop(フォトショップ)で使える超便利機能

PhotoshopのCamera Rawフィルターを使えば、一眼レフで撮影したような写真を作成できます。
今回の記事では、Camera Rawフィルターの使い方について紹介します。
初心者の方でも分かりやすいように、簡単に解説しておりますので興味のある方はぜひご覧ください。

Camera Rawフィルターとは

Camera Rawフィルター

Camera Rawフィルターは、元々RAWデータを現像するためのプラグインとして開発されたものが、Photoshopのフィルター機能として追加されたものです。
明るさやコントラスト、色調補正、ノイズの増減など様々な編集をCamera Rawフィルター一つで行えます。


Camera Rawフィルターの使い方

ここでは、Camera Rawフィルターの使い方や機能について紹介します。

Camera Rawフィルターを選択

画面上部のメニューからフィルター>Camera Rawフィルターを選択すれば、使用することができます。

※重要:レイヤーをスマートオブジェクトに変換しておく

スマートオブジェクトに変換

Camera Rawフィルターを使う前に、レイヤーを右クリックして「スマートオブジェクトに変換」を選択しましょう。


スマートオブジェクト

そうすることで、Camera Rawフィルターを一度閉じた後もレイヤーの「Camera Rawフィルター」をダブルクリックすることで、何度でも編集し直すことができます。

基本補正

基本補正

色調補正や明るさの調整、明瞭度など基本的な補正をできます。
下記の項目を調整できます。

  • ホワイトバランス・・・色温度を変えて写真全体の色調を調整
  • 色温度・・・色味を暖色系や寒色系に調整
  • 色かぶり補正・・・写真の色調が特定色に偏っているのを調整
  • 露光量・・・写真の明るさを調整
  • コントラスト・・・写真の明暗を調整
  • ハイライト・・・写真の明るい部分の明るさを調整
  • シャドウ・・・写真の暗い部分の明るさを調整
  • 白レベル・・・写真の明るい部分の明るさを広範囲に調整
  • 黒レベル・・・写真の暗い部分の明るさを広範囲に調整
  • テクスチャ・・・写真のディテールや境界線を調整
  • 明瞭度・・・写真のディテールや境界線を調整
  • かすみの除去・・・写真のかすみを除去
  • 自然な彩度・・・自然に見える範囲で彩度を調整
  • 彩度・・・彩度を調整

カーブ

カーブ

ハイライト、ライト、ダーク、シャドウの項目をカーブで調整できます。
明るさの細やかな調整が可能です。


色味の強さを調整

また、色調補正の項目からレッド、グリーン、ブルーのチャンネルを選択して、色味の強さを調整できます。

ディティール

ディティール

写真の細部を調整したいときに使われます。
主に下記の項目を調整可能です。

  • シャープ・・・写真の境界線をくっきりとさせる
  • ノイズ軽減・・・写真のノイズを除去する
  • カラーノイズの軽減・・・色の流れを滑らかにできる

カラーミキサー

カラーミキサー

色調補正をより細かくできます。
例えば、赤い部分をピンクっぽくしたり、緑色の部分を黄色っぽくするなど一部の色をピンポイントに変化させることができます。
その他にも彩度や輝度を調整可能です。

カラーグレーディング

カラーグレーディング

写真全体を自分の思う色に調整できます。
写真全体の色、ハイライトの部分、シャドウの部分の色を設定できます。

レンズ

レンズ

魚目レンズで撮った写真を修正したり、写真の端の光量を調整できます。

ジオメトリ

ジオメトリ

写真の角度や比率を強制的に変えることができます。

効果

効果

写真にノイズを加えたり、写真の端の光量を調整できます。

キャリブレーション

キャリブレーション

キャリブレーションでは、色の補正ができます。
下記の項目を調整可能です。

  • シャドウ
  • レッド色度座標値
  • グリーン色度座標値
  • ブルー色度座標値

まとめ:Camera Rawフィルターを使いこなそう

撮影した写真を現像したいと考えているなら、Camera Rawフィルターは使いこなせた方がいいでしょう。
ぜひ今回紹介した内容を参考にして、制作に役立ててください。

また、当サイトでは2020年からIllustratorやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方に関する記事を投稿しております。
画像加工や動画編集に関する情報や知識に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。