Photoshopで切り抜きをするなら覚えておきたいショートカットキー

ショートカットキー

Photoshopのショートカットキーを使うことで、効率的に作業をすることができます。
今回の記事では、Adobe Photoshopの切り抜きに関係するショートカットについて紹介します。
利用の仕方なども画像付きで紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

切り抜きに関連するツールのショートカットキー

まずは、切り抜きに関連するツールのショートカットキーを紹介します。
ツールバーのメニューにあるツールを、クリックしなくても切り替えられるので便利です。

切り抜きツールのショートカットキー

切り抜きツールのショートカットキー

切り抜き、遠近法の切り抜き、スライス、スライス選択ツールなどの切り抜きツールのショートカットキーは「C」です。
一番上に表示されているツールが適用されます。
また、「Shift+C」でツールを変更することができます。
ツールの配置を移動させるなどカスタマイズしていると、上手く操作できない可能性もあるので注意してください。

まとめ

  • 切り抜きツール・・・C
  • 切り抜きツールの切り替える・・・Shift+C

選択ツールのショートカットキー

選択ツールのショートカットキー

選択範囲を作成する選択ツールのショートカットキーは、「M」、「L」、「W」などがあります。
切り抜きツールの時と同じようにShiftキーを一緒に押せば、ツールの切り替えが可能です。

まとめ

  • 長方形選択ツール/楕円形選択ツール/一行選択ツール/一列選択ツール・・・M
  • なげなわツール/多角形選択ツール/マグネット選択ツール・・・L
  • オブジェクト選択ツール/クイック選択ツール/自動選択ツール・・・W

切り抜きをする際に便利なショートカットキー

ここでは、画像の切り抜きをするときなどに覚えておくと便利なショートカットキーを紹介します。

全体を選択範囲にする

全体を選択範囲にする

画面全体を選択範囲にしたいときは以下のショートカットキーを使用しましょう。

  • Windowsの場合・・・Ctrl+A
  • Macの場合・・・Command+A

選択範囲を解除

選択範囲を解除

作成した選択範囲を解除したい場合は、以下のショートカットキーを使いましょう。

  • Windowsの場合・・・Ctrl+D
  • Macの場合・・・Command+D

選択範囲をカット

選択範囲をカット

選択範囲を削除したいときは以下のショートカットキーが使えます。

  • Windowsの場合・・・Ctrl+X
  • Macの場合・・・Command+X

ちなみに、Ctrl+V(Command+V)を使用すれば、カットした部分をペーストすることができます。

選択範囲をぼかす

選択範囲をぼかす

選択範囲を作成した状態で、下記のショートカットキーを押すと境界線をぼかす機能のパネルが表示されます。

  • Shift+F6

選択範囲を反転する

選択範囲を反転する

選択範囲を作成した状態で、下記のショートカットキーを押したら選択範囲を反転することができます。

  • Shift+F7

選択範囲をコピーした新規レイヤーを作成

選択範囲をコピーした新規レイヤーを作成

以下のショートカットキーを使えば、選択範囲をコピーした新規のレイヤーを作成できます。

  • Windowsの場合・・・Ctrl+J
  • Macの場合・・・Command+J

選択範囲をカットした新規レイヤーを作成

選択範囲をカットした新規レイヤーを作成

以下のショートカットキーを使えば、選択範囲をカットした新規のレイヤーを追加できます。

  • Windowsの場合・・・Shift+Ctrl+J
  • Macの場合・・・Shift+Command+J

まとめ:ショートカットキーを使いこなそう

ショートカットキーの使い方を覚えておくのは便利ですが、Photoshopの場合は種類が多すぎるので、まずはよく使用するショートカットのみ覚えておくことをおすすめします。
そこから少しずつ必要なショートカットキーを覚えていきましょう。

こちらのページでは、ブラシのサイズや硬さを調整するショートカットキーについて紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。
【Photoshop】フォトショで使えるブラシサイズのショートカット

また、当サイトではPhotoshopやIllustratorなどAdobeソフト関連の記事を多く投稿しております。
写真加工や編集に関する知識や情報に興味のある方は、ぜひ他の記事もチェックしてみてください。