After Effects|動画をカット・トリミングする方法

カット

After Effectsで、動画の尺をカットしたりトリミングする際にはショートカットキーを使う方法とレイヤーパネルから直接トリミングを行う方法があります。
今回の記事では、Adobe After Effectsを使って動画のレイヤーをカット・トリミングする方法について解説します。
初心者の方でも、分かりやすいように簡単に説明しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

動画をカット・トリミングするショートカットキー

まずは、動画をカット・トリミングするショートカットキーについて紹介します。
それぞれ画像付きで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

インジケーターの部分でカットして分割する

カットして分割する

まずは、動画をインジケーターの部分でカットし、レイヤーを分割するショートカットキーを紹介します。


編集する動画の素材

編集する動画の素材を用意します。
分割したいレイヤーを選択した状態で、カットしたい部分にインジケーターを合わせてください。
以下のショートカットキーを使用してください。

  • Windowsの場合:Ctrl + Shift + D
  • Macの場合:Command + Shift + D

これで、動画がカットされます。

インジケーターより前をトリミングする

インポイントでトリミング

画像のようにインジケーターよりも前の部分をトリミングする方法を紹介します。
これを、インポイントでトリミングするといいます。


編集する動画の素材を用意

編集する動画の素材を用意します。
先ほどと同様に、トリミングしたいレイヤーを選択した状態で、トリミングしたい部分にインジケーターを合わせます。
そして、以下のショートカットキーを使用してください。

  • Windowsの場合:alt + [
  • Macの場合:option +[

これで、インポイントでトリミングすることができます。

インジケーターより後をトリミングする

アウトポイントでトリミング

画像のようにインジケーターよりも後の部分をトリミングする方法を紹介します。
これを、アウトポイントでトリミングするといいます。


編集する動画の素材を用意

編集する動画の素材を用意します。
先ほどと同様に、トリミングしたいレイヤーを選択して、トリミングしたい部分にインジケーターを合わせます。
そして、以下のショートカットキーを使用してください。

  • Windowsの場合:alt + ]
  • Macの場合:option +]

これで、アウトポイントでトリミングすることができます。


レイヤーパネルから直接トリミングを行う

ここでは、レイヤーのタイムラインのパネルから直接トリミングを行う方法について紹介します。

まずは、トリミングしたい部分を決めます。
ショートカットキーの時と同様に、トリミングしたい部分にインジケーターを合わせてください。


動画をトリミング

動画の端の上にマウスポインタを合わせると、「←→」のような形になります。
そのままマウスを操作します。ドラッグすれば、動画をトリミングできます。


まとめ:Premiere Proとは方法が違う

Premiere Proの場合、レーザーツールなどを利用して動画をカットしたりトリミングしますが、After Effectsには存在しないのでショートカットキーなどを使います。
ショートカットキーを覚えておけば、制作のスピードも上がり便利なのでぜひ暗記しておくことをおすすめします。

また、当サイトではAfter EffectsやPremiere Proなど、Adobeソフト関連の使い方の記事を多く投稿しております。
動画編集や映像の知識、エフェクトを作成する方法に興味のある方は、ぜひ他の記事もご覧ください。